コレクション展で戸惑う……

img053.jpg

 先日、上記の展覧会に行ってきました。
 ウィークエンドに行ったからかもしれませんが、雨模様の中わりと盛況なようでした。様々な傾向の絵画がたくさん展示されていて、なかなか見応えのある展覧会だったのですが、見終わって一緒に行った女房と喫茶店に入り、コーヒーなど啜りながら感想を交わしていると、どーも、うまく述べることができません。

 私がぼそぼそと述べ、女房もぼそぼそと返す。なんといいますか、感想の焦点がくっきりとしないんですね。なんでかなー、と何となーく考えていたんですが、どーも、よく分かりません。

 実はわたくし、この夏はけっこう絵画展に行きました。ダリを見てきたり、藤田嗣治を見てきたり、浮世絵の展覧会なんか2種類も行きまして、その他細々としたものを含めますと7つの絵画展に行きました。
 そんなことを思い出しながら、考えをぼんやりとまとめていったのですが、以下の文章です。

 まず、一人の画家の展覧会じゃなかったということについて。
 一人の画家の展覧会の場合は、作品がほぼ制作順に並べてあるでしょうから、一作一作の鑑賞に加え(むしろそれ以上に)、作家のトータルな画業の時間的変化(深化・発展・うまくなっている・マンネリ・堕落等)を鑑賞するのが楽しかったりします。
 その結果として、画家の人生を追体験できたような気分になったりして、少なくとも私にとっては展覧会鑑賞がとっても充実したものになります。

 一方『○○美術館展』みたいなのもありますよね。あのタイプの展覧会の鑑賞のポイントは何でしょうね。
 うーん、と考えたのですが、……えーっと、まずお断りするのですが、所詮私の鑑賞なんて素人の、それも美術に対して何の見識もない者の鑑賞ですから、畢竟やや「下品」めいてくるのですが、こんな感じになります。

 展覧会の「目玉」とされる作品をメインに、自分の中でぼんやり展示作品の「ナマで見たい順ランキング」みたいなものを作って、展示会の順路の所々に「ボスキャラ」作品、「中ボス」作品を置いてメリハリを付けつつ鑑賞していくって……ちょっと下品すぎますかね。非芸術的すぎます?

 で、さて、冒頭の今回の展覧会です。今回に限ってなぜ、上記のようなわたくしの鑑賞方法がうまく機能しなかったのか。
 実は昨日の夜、風呂上がりに突然「あっ」と気が付いたんですね。「あ、そういうことか…」と。しかしそんなことがなぜ、まるで指にとげが刺さったように感情の中に一つの違和感を作るのかということについては、よく分からないのですが……。

 いえ、勿体振るつもりはありません。要は「松方幸次郎」というコレクターの存在の扱いであります。(展覧会会場における彼の業績の「顕彰」ムードということでしょうか。)
 
 ……うーん、これも詳しく考えるとなかなかいろんな視点や意見が出てきそうなのですが、そして、そんな「論争」はいたって好まないタイプのわたくしなんですが……。

 というところで、「そんなつまらないところにささくれ立つ私が悪い」という認識も持ちつつ、以上です。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「フェルディナンド・ホドラー展」でぼんやり考える。(後半)

 えー、前々回は、わたくし昨年末に東京で「ミレー展」を見て、とてもよかったというところまで書きました。
 「ホドラー展」は、その時開催していた国立西洋美術館の前を素通りしました。

 ということで、なんじゃらほい。わたくしが「ホドラー展」に行ったのは、東京展示が終わった後、関西までお出ましになった「ホドラー展」でありました。実は東京に行く前に、女房に一緒に行こうと約束していたんですね。

 兵庫県立美術館であります。雨が降っていました。
 ホドラー展やるんや、と最初に知った時は行く気満々だったのですが、そして、前売り券まで2枚買っていたのですが、その後なんだかだんだんその気が失せてきていた日曜日でありました。

 そもそも放っておくと、週末は「引きこもり」の少年のごとく、一日中自分の部屋に閉じこもってぼーーーといるわたくしに業を煮やした女房は、雨の中、わたくしを引っ張って「ホドラー展」に行ったのでありました。

 で、見てきたんですがね。見たら見たで、さすがに楽しかったんですがね。
 そもそもホドラーという人は、19世紀から20世紀にかけての方で、つまりグスタフ・クリムトなどと並び称される「世紀末」の画家でいらっしゃいます。

 ということは、「レッテル」に寄りかかるように、印象派、それも後期印象派あたりから出発し、頽廃の世紀末、不安の20世紀に至るという、そんなざっくり理解をどうしてもしてしまいまして、それなりに納得あるいは感心はしますが、めちゃめちゃ感動するというわけでも(ごめんなさい)ありませんでした。

 ただ、鑑賞していてふと私が連想したのは、モディリアーニでありまして、あのモディリアーニリアの強烈な個性のフォルムは一種アカデミズムの極北であり、それがホドラー作品の持つ本来のバロック概念(=いびつさ)とどこか共鳴し合うように感じました。

 そして、森羅万象をあのような強烈なフォルムでカンバスに定着せずにはおかないとする精神を持つことは、個人としては、はたして幸福であるのかどうかという、少しお節介なことも、私はぼんやりと考えたのでありました。


 img050.jpg


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

「フェルディナンド・ホドラー展」でぼんやり考える。(前半)

 去年の暮れに仕事で東京に行ってきまして(当方、関西に居住しております)、その仕事が済んだ後少し時間が余ったものだから、「お上りさん」そのままに東京見物をしました。

 とはいえ、さほどたくさん時間に余裕があったわけではないので、本来の仕事の目的地であった文京区というあたりをぶらついた後、関西に帰るべく少し早めについた東京駅周辺をさらにちょっとだけ散策しました。

 わたくし、実は近代日本文学に少々嗜好があるのですが、文京区というのは東京大学のあるところで、一方やはり明治以降の文学者の多くは東大を出ており(といっても、先日太宰治関係の本を読んでいたら、太宰は東大文学部仏文科に入学したのですが、太宰入学の頃の仏文科というのは、ほぼ無試験であったらしく、東大の入学のしやすさというのも年によって様々であることを知りました)、ということは結果的に文京区に文学者の足跡が多く残っており、ぶらぶら歩いているとそんな「案内掲示」が結構あちこちにあって、近代日本文学マニアの私にはとっても楽しかったです。

 その上文京区には、別に東大がらみじゃない文学者の足跡もたくさんあって、やはりこのあたりが「江戸」から明治以降の首都東京という地力ですなーと、わたくし大いに感心したのでありますが、そういえばそれによく似た感じの街を連想すると、私の知っている範囲では、やはり京都ですかね。あの街もぶらぶら歩いているだけで、歴史的人物の足跡があちこちに散見されます。

 というわけで、坪内逍遙や尾崎紅葉や宮沢賢治や樋口一葉なんかがつましく生きたであろう足跡をあれこれと拝見しまして、私はとても楽しいひとときを過ごしました。

 ……えっと、このままでは話がどんどんずれていくので、少し引き戻しますね。
 で、とても楽しく文京区をぶらぶらした後、私は東京駅周辺に行く前に上野公園に行ったら、そこの国立西洋美術館で開催していたのが、タイトルの「フェルディナンド・ホドラー展」でありました。

 ところが、私はその展覧会を見ないんですね。そこを素通りし、そのまま東京駅まで行きまして、三菱一号館美術館でその時開催していた「ミレー展」に行っちゃったのであります。

 おい、じゃ「ホドラー展」じゃないじゃないかとお怒りの貴兄、申し訳ございません。
 実は私が「ホドラー展」を見たのは別の機会でありまして、その顛末は、次回に。
 どーも、すみません。

 ↓これが「ミレー展」のチケット (ミレーって、ちょっと、クラい(?))
150113-1.jpg


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

「雪景色の系譜」なれど……

 先日、Eテレの「日曜美術館」をぼうっと見ていたら、兵庫県西宮市にある大谷美術館の展覧会について情報発信をしていたので、一応同県人フランチャイズということで、女房と見に行ってきました。こんな、展覧会であります。

 img043.jpg

 美術館は、最寄りの駅から7.8分、小学校横のコンクリート畳みの歩道を歩いて、なかなか静かな住宅街の一角にあります。当日は細かな雨が降っていたせいか、どうもあまり入場なさる方も少ないと見えましたが、入り口横のディスプレイと、こんな感じの入り口です。

                DSCN7.jpg

 DSCN8.jpg

 門扉の上を覆う松の枝ぶりが、なかなか大胆でアクティブな感じですね。
 そういえば、少し前に美術好きの知人から、この美術館は若手の現代美術家の作品が充実していると聞いたことを思い出しました。なるほど、玄関の松まで現代美術的。

 で、まぁ、女房と入ったのですが、今回の展示は、江戸時代の掛け軸や屏風を中心にした、画題もタイトル通りの雪景色がほとんどの作品群であります。はっきり言って現代美術とはあまり接点がありません。

 実はわが家にも、小さな床の間があり、何本かの掛け軸があります。
 亡くなった親父が集めていたり、私も少々買ったりして(いえ、ご推察通りわが家の掛け軸にはそんな値打ち物など一本もありませんが)、時々掛け替えたりしてひとり楽しんでいます。

 そんなこともあって、わたくし少々密かに鑑賞眼に自信を持ちつつ、この度じっくりと雪の山水画を見たのですが、結論から申しますと、ちょっと恥ずかしいのですが、「雪景色の絵って地味ー」という、実に浅はかな感想を持ってしまいました。

 学生時代古典の授業で習った、俳聖松尾芭蕉の晩年の境地、「わび」とか「さび」とか、その外にも確か、ほそみとかしをりとかかるみとかわさびとか、……。
 うーん、なかなかそういった境地には、我々凡人は到達できませんなー。(お前だからできないんじゃないかという声も聞こえますが。)

 雪景色は寂しい、もっと人が、元気に一杯出てきて欲しい、きれいな花とか色鮮やかなものを画面に見たいなどという、東洋的美意識の極致とは極北の感想を持ってしまいました。

 まだまだまだまだ、全然、ぜんっぜんっ! 修行が足りないっ!


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

「四谷シモン展」を見て

 颱風が近づいてきつつある中、関西に四谷シモン展が来ているということで、行ってきました。
 といっても、私は四谷シモンに強い関心があるわけでなく、また、人形に惹かれるわけでもなく、開催していた西宮市大谷美術館に向かって歩きながら、結局の所、私のこの展覧会への興味は澁澤龍彦にあると考え至りました。

 澁澤龍彦には、一時かなり嵌りました。
 それまでに中公文庫でも何冊か出版されていましたが、河出文庫が、本当に次から次という感じで澁澤龍彦の文庫を出し続けていました。
 あれは、一体いつのことだったのでしょうか……。

 今私の手元にある河出文庫『東西不思議物語』の奥付を見ると、初版は昭和57年(1982年)とあります。
 しかし私は、そもそも三島由紀夫経由で澁澤龍彦の著作を知り、さらに唐十郎、麿赤兒、宇野亜喜良、金子国義、そして沼昭三に至る一連の名と一緒に四谷シモンの名前を知りました。
 そしてそれらの名前が代表する、硬質な悪とエロスの匂いがぷんぷんする憧れと華やかさに満ちた世界が日本でリアルタイムで開かれていたのは、たぶん1970年あたりであったろうと思います。つまりその年の12月に、三島由紀夫が割腹自殺をする年であります。

img040.jpg

 速いもので、あれからもう40年以上が経ちます。
 あの時の、悪とエロスの文化は、今はどうなっているのでしょうか。
 ああいった、いわば正の文化のアンチテーゼは決してなくなることなく、必ずどこか闇に近い場所で連綿と引き継がれる需要があるものでしょうが、あの時代に一瞬大きくメジャーに躍り出たように思えたのは、今思えば、時代の「鬼っ子」みたいなものであったのかもしれません。
 あの「悪とエロス」は、現在ではたぶん「洗練」という名の許に、より稀釈化された形でしか目に付かなくなっているように感じます。あるいは、より散文化した、負の想像力を同道しない、残酷はあっても優雅はない、いわば身も蓋もない姿になっているように思います。

 そんなことをちらちらと考えつつ、私は、「セクシー」でも「エロ」でもない、四谷シモンの「エレガントなエロス」のドールを、じっと佇みながら見ていました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

「日本がうんだ北斎」

 先日、神戸市立博物館で行っている『ボストン美術館浮世絵名品展・北斎』を見に行ってきました。このポスターですね。↓
hokusai.jpg

 そのちょっと前に私は、『富嶽三十六景』中の「神奈川沖浪裏」という、このポスターにも描かれている有名な作品(今回の展示にもありました)は、ダビンチの『モナリザ』と並んで世界で最も有名な絵のひとつであるという記事(ネットの記事、かな?)を読んだのですが、なるほどそう言われてみれば、我が国が北斎をうんだのは、オランダがゴッホをうんだように、スペインがピカソをうんだように、世界に大いに誇ってよいのだと感じたのでありました。
 (もっとも、だから私もエライとは、もちろんなりませんがー。)

 この度の世界に誇る北斎展を見て、わたくし、大いに満足しつつ、つくづく感心・感動したのは、これらがいわゆる「庶民」のための絵画(版画ですがね)であるということでありました。
 というのは、絵が、実に小さいんですね。
 ピカソの『ゲルニカ』ほどでなくても、近代絵画を見ていましたら、日本画洋画とも畳一枚もの大きさの絵が山ほどあり、さらには畳二枚分三枚分の絵まで決して珍しくありません。

 それはもちろん、画家の内的創造欲によって大きさが決められたのだとは思いますが、北斎の絵の小ささの決定要素は、間違いなく江戸の庶民に売る版画であったということでしょう。
 そしてそんな庶民の絵に、これほどの高い芸術性が結実したということに、私は感動し、「日本がうんだ北斎」の思いを改めて強くしたのでありました。
 ……うーん、やはり、日本文化の偉大さ、誇らしく、恐るべし。

 ところで、すっかり北斎ファンになったわたくしは、その後ちょっとネットオークションを覗いてみたら、北斎の版画が結構廉価で売っているではありませんか。
 おお、庶民のための絵画の伝統がここにも!

 でも、この値段ですから、きっと近年に新しく摺ったものだとは思いますが、こういうのはレプリカみたいなものなんでしょうかね。
 ともあれ、一点、買ってみました。
 現在、わが家の床の間に置いて飾ってあります。
 その絵の一部の写真です。↓

utatanebijin08.jpg


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

世界で一番愛されている……(後半)

 ……秋も深まり、というか、前回の時以上にますます冬らしくなってきた今日この頃であります。……サッブー!

 えー、前回からの続きです。
 私は芸術の秋と言うことで、慣れぬ絵画鑑賞を行ったという顛末でございました。見に行った絵は、これです。左側。

DSCN1500.jpg

 以下、前回の続きです。

 ……と、申しますのも(何を申しましていたのかは、すみませんが、前回の所をお読みください)、私はそもそも中学生の頃まで漫画少年でありまして、実はとっても漫画家になりたかった。
 そしてそんな同じような漫画少年の友だちと連れだって、あれこれ漫画について喋りあったり、あれこれ紙に落書きを書きあったりしたものでありますが、今思えば、あの落書きこそが「トローニー」では、ありませんか。

 ……えっ? ちがうの?
 ……お前の落書きはそんな高尚なものではない、って?

 ま、それは確かにその通りではありましょう。……が、ありましょうが、私はそんなことを考えながら、フェルメールがこの絵を描いている姿を想像いたしました。
 そしてやはり感じたことは、小さかった頃漫画が好きで好きで、へたくそながら、ノートの端っこにそのころ自分がかっこいい、またはかわいいと思って少年少女の絵を(それも大概が左向きの顔の絵。オオッ、フェルメールのこの絵もそうだっ!)書いたことのある人、元漫画少年少女ならきっとこの感じが分かっていただけると思います。そしてフェルメールに、俄然親近感がわくはずであります。
 フェルメールも、私と同じ気持ちで、高尚ながら油絵で「落書き」を書いていたのではないのか、と。

 ……えっ? 間違ってます?

 なるほど、それはそうかも知れません。
 ともあれ、今回見た実物のフェルメールは、今までいろんなところで見た複製のこの少女の絵について(上記の写真の絵も同じで)、ありゃあ詐欺か悪意あってのコピーか、とまでつい思ってしまうほどに、全く別格に段違いに比べものにならず素晴らしいものでありました。
 本当にあの小さい絵の少女は、世界中の人々から愛されるにいかにも相応しく、永遠の時の中で光り輝いているようでありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

世界で一番愛されている……(前半)

 秋も深まり、というか、さすがに少々冬らしくなってきた今日この頃であります。
 秋、となれば「芸術の秋」と、普段そんなのに触れたことのない輩に限ってそんなことを言い出すものですが、私もその例にもれず、唐突に芸術の秋を標榜し、絵画展に10月に入ってから三つほど行って来ました。

 今回はその中の一つをかーんたんに報告するという段取りでございますが、見に行ってきたのは、世界一愛されている少女の絵の展覧会でありました。
 これですね。

DSCN1500.jpg

 これは私の部屋で撮った写真でありまして、右側の少女(これは少女と呼ぶ年齢を少し超えているかも知れません)も、これはこれでとっても美しい絵の女性ではありますが、まーやはり、世界で一番愛されているの少女とくれば左側の、「オランダのモナ・リザ」とも呼ばれているヨハネス・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』でありましょう。

 今、日本に半年間ほども来ているということで、これはぜひとも見に行かねばなるまいと、先日女房と行ってまいりました。
 この絵の実物がどんな印象のものであったかは最後に触れるとしまして、展覧会の解説書なんかをちょっと読んでいると、この絵は「トローニー」だと書いてあります。

 無知の悲しさ、「トローニー」たるものが何を意味するか全く判らなかったのですが、家に帰って調べますと、モデルなしに描かれた肖像画であるとのことで、それを読んでわたしは、しばし「ふーむ」と考えていたのですが、あっと気が付き俄然嬉しくなったのでありました。

 というところで、すみませんが、次回に続きます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

とっても素晴らしい赤瀬川原平氏の「絵画評論」・その3

 上記テーマの第3回目の報告、今回が最後です。
 赤瀬川原平氏の「絵画評論」を紹介していました。今回は、この本です。

  『名画読本・日本画編』赤瀬川原平(知恵の森文庫)

 フェルメールの絵画鑑賞をした文の紹介でも触れましたが、赤瀬川氏の絵画の解説文を読んでいると、なぜこんなに心地よいのかなと思います。
 今回は読んでいて、思わず言葉にしてしまったのですが、
 「この人は鑑賞のプロだなー」と。

 どうなんでしょうか。私の貧しい知識故かとは思いますが、実作者でかつ、このように素人相手に、とても丁寧に「名画鑑賞」の解説を書いてくれる人は、極めて少ないんじゃなかろうか、と。
 それはやはりこの人が、一方で芥川賞なんか取っている文人だからでしょうか。

 鑑賞の「ツボ」としか言いようのないような個所を、まさにピンポイントで指摘されると、思わず早口の関西弁で、

 「ほんまやぼくもそれがいいたかってんぼくといっしょや」

的感動が、一瞬のうちに快感と共にわあああっと脳内に広がっていく、そんな着眼と表現の素晴らしさであります。(なんかよーわからん言い方ですみませんがー。)

 その快感の原因は、なんといってもこの「名文」のせいでしょうねー。素晴らしい文章力だと思います。
 もう少し具体的にそんな部分を指摘してみます。


葛飾北斎


 葛飾北斎は、まー、これしかないと思われる作品『富嶽三十六景神奈川沖波裏』であります。
 ジスイズウキヨエ、有名中の有名浮世絵ですね。
 この絵について、赤瀬川氏はこんな文章を付けています。

 「とくに右の船が怖い。船体の後ろのほうが高々と波の上に上がって、そこまではまだ砕けた波が行っていないので、そこのところはしんとしている。その静寂が恐ろしい。それが左側のざっぱり立ち上がった大波の次の瞬間を、よけいに大変なものに仕立て上げている。」

 「めちゃめちゃうまいやんけー」と、やはり私は関西弁で叫んでしまうのでありました。
 これは勿論、富士山の左側に描かれた大波の凄さ(並びにその大波の真下の船の恐怖)について語っているわけですが、右側の船と海面のふくれ具合に着目してそれを説明した「鑑賞のツボ」が、まさに絶妙ですね。

 こんな鑑賞が、取り上げた全作品にわたって付けてあります。いかさま赤瀬川原平氏は「鑑賞のプロフェッショナル」ですね。読んでいてとても心地よかったです。

 というわけで、赤瀬川氏は恐るべき「見巧者=表現者」でした。
 すごい人って、実際にいるものですね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 絵画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

とっても素晴らしい赤瀬川原平氏の「絵画評論」・その2

 前々回の続きであります。赤瀬川原平氏の「絵画評論」を紹介していました。
 この本です。

   『赤瀬川原平の名画探検・フェルメールの眼』赤瀬川原平(講談社)

 今回取り上げる絵画は『牛乳を注ぐ女』、これですね。↓

牛乳を注ぐ女


 赤瀬川原平氏は、『牛乳を注ぐ女』についてこんな風に書いています。

 「壺から流れ出る牛乳は地球重力を適確にあらわしている。それは垂直に垂れる牛乳の描写だけで可能だったのではなく、その重さを支える腕の筋肉、腕を保持する人体の緻密なバランス、それらをコントロールしながら牛乳を見守る女の眼差し、そういうすべての微細な力のネットワークがあってこそのものなのだ。
 (中略)
壁の一端に留められた籠が、その編み目をやんわりと斜めにずらしながら下に傾く。そのわずかな重力を見つめるフェルメールの眼差しに、自分の心の底まで見透かされていくようだ。」


 この説明文は絶品ですね。読んでいて、思わずシビレてしまいます。
 上記文後半の、絵を説明する言葉の選び方の的確さと、その絵が鑑賞者の心情に与えた影響を解説する際の、地上から一瞬浮かび上がるような見事な詩情が、特に素晴らしい。

 こんな文章が、赤瀬川原平=小説家・尾辻克彦氏の真骨頂なんですねー。
 もはや改めて詳しくは触れませんが、生活の中の(人生の中の)細やかな出来事に対する愛情のこもった且つ的確な眼差しこそが、画家であり、小説家でもある作者の魅力の源泉であることを、こんな文を読むと、改めて感じさせられるのでありました。

 フェルメールの絵にいかにも相応しい、細やかで暖かい文の力であります。
 よかった。

 では次は、見巧者・赤瀬川原平が浮世絵を読み解く本を、紹介します。また。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 絵画 - ジャンル : 学問・文化・芸術