ヴァイタルと青葉の群れにつぶやきぬ

SDヴァイタル文字入り




 いよいよこの時期ですね。
 GWも目前ですし。
                       秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

二冊の本を読んで深く考えました。

  『丸山真男 音楽の対話』中野雄(文春新書)
  『アンネ・フランクの記憶』小川洋子(角川文庫)


 この二冊の本を連続して読んでみました。うーん、なんというか、少し考え込んでしまいましたね。
 何についてか。ナチス・ドイツのしたこと、つまりは、つい50年ほど前に人間が行ったこと(僕も含めて、いつでも、また人類が行うかも知れないこと)についてです。

 中野の本に、今は亡きドイツのフルトヴェングラーについて触れた個所がありまして、この100年に一人というレベルの名指揮者は、結果的に言えばナチスドイツの宣伝塔のような働きをしたと言わざるを得ないのですが、はたしてあの時代に他に何ができたか、とも考えられるわけで、中野は心情的な部分も含めて、そう言ったトーンの書きぶりをしています。

 例えば、フルトヴェングラーがナチスの政策に反発して金輪際指揮はしないと抵抗した時、ナチスは表面上彼と和解をします。久しぶりに指揮台に帰ってきた彼に、聴衆が「もうどこにも行かないでくれ」と訴えたエピソード……。

 中野はまた、トーマス・マンと比較しながら、アメリカに亡命し、なんの命の心配のないところで祖国の現状について非難するマンと、結果的に力及ばずながら祖国に留まり、亡命しようもない民衆と共に激しい空襲などに心身を疲労させながら生きるフルトヴェングラーを説きます。

 「ユダヤ人に対してナチスが行っていることを、我々が充分に知ることはできなかった」という言葉は、あるいは真実のある部分を語っているのかも知れません。

 そして次に、小川洋子の本を読みました。
 印象が、見事に異なるんですね。

 「ニュルンベルグ法」ですか、寡聞にしてよく知らないんですが、アンネの日記記述によると、ユダヤ人は電車などあらゆる乗り物に乗ることを禁止され、自分の自転車に乗ることさえも禁止されています。そして衣服には強制的につけさせられる嫌でも目に付くどぎつい「黄色い星」のマーク。

 ユダヤ人に対してナチスドイツが行ったことを知らなかったとは、やはり、どうでしょうか、うーん、読んでいて全く屈託としてしまいます。
 そしてこの歴史的事実が、1944年まであったわけですね。これはもう同時代と言って全く過っていません。ナチスドイツの狂気は、いつでも我々に向かい、我々を取り込んでしまい、そして我々も加害者として加担してしまう、まさしく同時代の狂気であります。

 なかなか重い感想を持つ読書でありました。本来ならば、もう少ししっかりじっくり、考え込まねばならないテーマでありますが……。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

吾子なりの蘊蓄のあり柏餅

柏餅




 前々回は「桜餅」で今回は「柏餅」ですか……。
 なんか「くいしんぼう」めいていますね。

 これは、わりと昔に書いたものです。
 いかにも絵も字も、何にも考えていないといった感じです。

                         秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

花粉症にパワー不足にストレスに……

 「風薫る五月」のいい季節に向かって一直線、……とはいうものの、実は僕はこの季節、去年から「発病」した花粉症のおかげで、気分的には今ひとつであります。もっとも、飲み薬や点鼻薬などそれなりの物を使うと、一定時間内はそれが効いてそんなに気にしなくてもいい状態ではありますが。

 しかし、鼻づまりだけじゃなく、これも去年からなので花粉症の一環かなと思っていたのですが、昼間やたらとのどが渇いて声が嗄れてしまうのです。

 突然去年こうなった時は、かなり困ってしまいました。
 近所の耳鼻科のお医者さんに行きますとあれこれ調べられましたが、その時の結論は、声帯のせいではなくて、「パワー不足」だと言われました。
 「パワー不足」?

 いきなり「パワー不足」って言われても、声の嗄れるのがどうパワー不足なのか、僕にはさっぱり分かりません。

 療法についても、血液循環をよくすることなんて言われて、なんか変わった「体操」みたいなのを教えてくれましたが、なんだかよく分からないでぐずぐずしているうちに、暖かくなるにつれて病状が軽くなってきたのでつい忘れていると、あにはからんや、今年の春もきっちり出てきました。

 で、今年も困りながら、それでも去年の体験があったので、何となくごまかしごまかししていると、先日朝一の会議の時に席が隣同士に座っていた僕より少し若い同僚の女性が、マスクをしていらっしゃったので、
 「○○さんも花粉症ですか」と尋ねると、彼女の返事の声が大層掠れているではありませんか。
 「○○さんの声の掠れもやはり花粉症ですか。僕も掠れるんですが……」
 と言いかけると、
 「声の掠れはストレスです!」と、いきなりキッパリ言い切られました。

 「ストレス」
 なるほどねぇ、そんな敵もいるんだよなー、と思い当たるものがありました。
 その女性がおっしゃるには、新年度が原因によるストレスのせいで声が掠れるんだそうです。
 うーん、「新年度が原因」と聞いてますます僕は納得し、僕の声嗄れの原因もきっとそうに違いないと、釣られて宗旨替えをしたんですが、でもよく考えてみると、「新年度が原因」の声嗄れというのも判ったような判らないようなものですね。
 そもそも、ストレスで声は嗄れるんでしょうか。

 確かに「ストレス」というのは、いろんな形で体を圧迫してくるとは聞いたことがありますが、うーん、ストレスの声嗄れかぁ、とやはりよくわかんないで悩んでおります。

 しかし新年度というのは、確かにあれこれ細かなことが少しずつ少しずつぶつかってくるようで、結果としては、なるほど大いにストレスではありますね。
 でも一体、どう気を付ければいいんでしょうかねー。……うーん。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

母と娘と同じ笑顔や桜餅

SD桜餅




 やっと、桜の次の季節っぽくなってきましたかね。
 次は新緑、ですね。
 いえ、その前に、花より団子。
                             秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

『バッハ・無伴奏チェロ全集』の話

 これは、僕の友人R氏から聞いた話です。
 体調を崩していたR氏の奥様が、しばらく仕事をやめておりました。

 それとバッハがどう関係するかというと、R氏の奥様が家で休んでいる間、ロストロポービッチの「無伴奏チェロ」をBGMで聴いていた、という話なんですがね。

 R氏の話によると、えらいモンで、休み始めの頃、つまりかなりしんどかった時は、奥様はBGMを聴かないんですね。R氏が適当な音楽をかけていても、まー何となく聴いてはいるんですが、CDが終わったらそれっきり。そんな時期が始めにありまして、何ヶ月か後にやっと自分でBGMを聴き始めたそうです。その時聴いていたのが、モーツァルトのピアノソナタ。ピリスの演奏でした。
 そしてさらに一月ほどして、バッハの「無伴奏チェロ」です。

 そもそも、休み中に彼女が読んでいた本に、ロストロポービッチという名前が出てきて、R氏に、この人を知っているか、うちにこの人のCDはあるかと尋ねたところから、聴き出すようになったんですね。

 R氏も、これはヨーヨー・マでしたか、ネットで「赤ちゃん夜泣きにヨーヨー・マ」ってのを読んだんですね。「無伴奏チェロ」は、赤ん坊の気持ちが落ち着くって話です。
 しかし夜泣きする赤ちゃんが、ヨーヨーマのチェロ演奏を聴いていると泣きやむそうですから、えらいモンですねー。

 その後、彼女が仕事を再開する際に、「無伴奏チェロ」は精神安定によい、とR氏が言ったからかどうか、このCDを職場に持っていっていいかと聞くので、もちろんR氏はオーケーしました。

 ところがそうすると、はて、R氏の手元にバッハの「無伴奏チェロ」がなくなってしまいました。そこでCD屋さんに行って探してみると、ビルスマのがあったんですね。ついでにヨーヨー・マもありましたので、いきなり「豪儀な」2セットの「無伴奏…」をR氏は買ってしまいました。

 というわけで「赤ちゃん夜泣きにヨーヨーマ、ぼんやり不安に無伴奏」であります。
 じわーと、温泉のように聴いて(効いて)いるそうであります。

 (その後、ロストロポービッチの「無伴奏…」を、R氏はもう1セット買って、手元に置いているそうであります。)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

散髪の少年走る夏隣

SD散髪夏隣




 桜も終わったことだし、いよいよ次のシーズンかと、作った俳句です。
 わりと、気に入っているんですがね。

 ただ、ここんところ、また、少し寒くありません? 
                                   秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子(角川ホラー文庫)は、暗くコワイ。

 僕は「ホラー」というジャンルの小説を、ほとんど読んだことがありません。
 なんで読んでないかと言えば、まぁ、僕が恐がりだからですね。
 小泉八雲の『怪談』でさえ、コワイ。夜、一人でいられなくなるので、読まないことにしています。
 (そういえば僕は遊園地の絶叫マシンといわれるのもコワイ。これも乗らない。)

 さて、今回の文庫には4つの短編が入っています。その中の表題作が「日本ホラー大賞」を受賞しましたが、この作は同時に「山本周五郎賞」も受賞しています。
 でもそれ以外の小説も、とてもよくできています。

 舞台は、岡山県。時代は、明治の中頃。
 4つの話それぞれが、明治という時代に、山間の集落で、障害を持っているということの意味、病気に(それも伝染病に)罹っているということの意味、貧困であるということの意味、そして、幼くして両親が亡くなるということの意味など、ちょっとやりきれない、しかもその時代のほとんどの日本人にとっては、何時自分に降りかかってくるか分からないようなそんな設定が取られていました。
 そしてストーリーが描くのは、そのような人々が、暴力的に体験させられる、否定される人間性です。

 ここまで書いただけでなんか、暗ーーい小説が想像できるでしょ。
 その通り、真っ暗な、怖い小説です。

 おそらくは、今だってそんなに大きく変わってはいない(障害を持つ人への差別、精神疾患者への差別など、社会が変わったと思えるのはほんの表面だけの)状況でしょうが、こうして改めて取り上げられると、やはり明治という時代は、現在と比べてとても恐ろしい時代だと思いました。

 ただ、十分にビターでダークなテイストながら、作品としては、手練れの小説という感想を持ちました。

 ところで、『ぼっけえ、きょうてえ』って岡山弁なんですが、岡山という地も、なかなか才人が現れるところですね。確か、司馬遼太郎もかつてそんなことを書いていました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

清流に臨みて倍の桜かな

清流桜




 今年の桜シリーズ最終回です。
 この俳句は、この色紙を作ってから、「あっ、しまった。」と思いました。
 「倍の」は「二枝の」のほうがよくはないか、と。
 どうですか?
 ……えっ? どっちもダメ?
 ……いじわる。
                         秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

春寒や過ぎし日たどる石だたみ

石畳




 京都は祇園白川界隈です。
 でも、本当に桜の時期ってあっという間ですね。
 
 だから兼好法師が、満開ばかりを見るものではないと言ったのでしょうけれど。

                                 秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学