マエストロのエピソードがとっても楽しい

  『疾風怒濤のクラシック案内』宮本文昭(アスキー新書)

 ブルックナーの交響曲が好きなもので、わりとしょっちゅう聴いています。
 一方、ブルックナーが得意な指揮者がやはりいらっしゃいまして、その方たちの「名盤」といわれるCDをよく聴いて、自然とそんな方の「ファン」になったりします。
 例えば、チェリビダッケとかヨッフムとかいう指揮者の方たちです。

 さて、上記の本を読みました。
 こういう「名曲案内」の本は結構たくさん出版されていますが、私も目に付くままに結構読みます。
 別にこの本が一連のそんな中で、圧倒的に「名著」というわけではありません(たぶん)。
 「大同小異」と言えばそうなんでしょうが、いかんせんクラシック音楽になんとなーく触れている時間が長いとうれしいという性分なもので、ぼんやり楽しく読んでいます。

 ただ本書が少し違うのは、筆者が元オーボエ奏者で、ドイツに留学後いくつかのオーケストラの首席オーボエ奏者をなさったことで、そのオーケストラの一つにケルン放送交響楽団という団体があったりします。

 さてここまで読んで、なるほどね、そうつなぐかと思われた方は、まー、「通」……ってほどでもないですか、クラシック・マニアにとっては常識ですかね。(私自身は、マニアでも通でもないんですがー。)

 私も、最初に著者略歴を読みまして、どこかで触れられるかなと読んでいましたら、やはり出てきました。
 マエストロ・ギュンター・ヴァント「大指揮者」であります。

 この方もブルックナーを得意となさっていた指揮者(第一級の!)で、私も「大ファン」であります。
 彼のいろんなエピソードが書いてあってとてもうれしかったのですが、一つだけ紹介しますね。直接抜き出してみます。

 重要なソロの出番が多いので、オーボエとホルンは大切にされます。かなり手厚くしてもらえます。
 たとえば、指揮者のギュンター・ヴァント氏なんて、弦楽器との合奏のときに、
 "Strings! And my dear winds!"
 と呼びかけていました(実際はドイツ語です)。管楽器(winds)でソロを吹く人たちに向かっては、かなり気を使っているんですね。
 それから、マーラーをやっているときは、
「オーボエは神の啓示だから、みなさん、心して聴いて伴奏してあげなさい」
 なんて言い方をする指揮者もいました。


 ふーん、そうなんだー。
 自分では楽器演奏をせず鑑賞一辺倒なものだから、こんなちょっとしたことを知らないんですね、私は。
 だからこんなエピソードを読むとうれしく、この本はそんなお話がたくさん書いてある、とっても楽しい名曲案内でありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

蓴菜や銘々皿に取り分けて

SDジュンサイ




 恥を明かしますが、実は私、少し前まで、本物の「蓴菜」を知りませんでした。……恥ずかしい。
 「蓴菜」と言えば、宮沢賢治の『永訣の朝』の中に、鋭いイメージで「蓴菜」が出てくるというのに。

 でも、そんなことって、よくありますよね。
 ……そんなことないですか?

                               秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

たまには話そう映画の話を(その1)

 (シリーズ、新装開店しました。『素浪人月影兵庫』が『素浪人花山大吉』になるようなものです、って、古すぎてほとんどわかりませんねー。)

 さて、あなたからお薦めいただいた『アメリカングラフィティ』ですが、先日DVDを借りてきて見ました。
 思い出せば、以前にもあなたよりお薦めがあったように記憶するのですが、もちろん面白くはあったのですが、うーん、面白いんですがー、うーん、満足しなかった、ってところですかねー。
 この作品が、映画のパワー全開とはやはりちょっと思えなかったですね。

 その理由は、
 (1)鑑賞者つまり私の年齢のせいでしょうね。私はこの映画を見るに最適の年齢では残念ながらないと思いました。しかし、では幾つくらいの時に見ればよかったのか、例えば二十歳前・登場人物に近かった頃ならよかったのかと考えると、よく分からないものがありました。
 (2)4人の主要人物中メインは、東部の大学に行く少年と行かない少年の二人でしょうが、特に中心は行く方の少年だったと思います。この話は、最初は東部の大学に行くことに消極的であったこの少年が、一晩の経験の後に出発を決意するという物語ではないかと思います。ただそうした場合、この少年の心の動きの描写は、僕が思うに、活字ならもっと実感的に感情移入ができただろうなと感じました。

 あわせて、活字の世界によく似た作品を挙げると、たぶん実際に影響関係が読めるかと思いますが、J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』は強く思いましたね。
 でも『ライ麦』は、一小説作品というより、なんかもうアメリカ人の「集合無意識」みたいなところがありますから、もはや影響関係などとは言えないのかも知れませんね。
 そもそもこういうストーリーってのは、一種の若者の通過儀礼を描いているわけだから、よく似た作品がいろいろあるのも、やむなしかなと思いました。

 では今回はここまで。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術

草蒸すを嫌わずもよし小さき庭

SD草蒸す




 これはブタの置物です。幼児の握り拳くらいの大きさです。
 雑草茂る庭を非難しているようですが、
 ……んなこと、いわれてもなぁ。
                             秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

ヴァイオリンもえらいが、やっぱりヨーロッパの歴史はすごい!

  『ストラディヴァリウス』横山進一(アスキー新書)

 こんな本を読みました。
 本の始めに沢山のストラディヴァリウスの写真が載っているページがあったりして、とっても楽しい本でした。

 現在、ストラディヴァリの作った弦楽器は約600本(ヴァイオリン約520本・ヴィオラ約20本・チェロ約50本)が残っているそうですが(このうち日本には約70本)、んー、何というか、そもそもヴァイオリン制作者ストラディヴァリの作ったヴァイオリンというのは、300年ほども昔のものであるわけですね。日本で言えば、元禄時代あたりですよ、バッハの頃なんだから。

 そんな頃に作られたものが、骨董品や美術品の扱いでなく(骨董品や美術品の扱いという側面も明らかにあり、楽器であって美術品であるという「二律背反」みたいな面白さも、この本には書かれています)、現役の実用品として使われているって、そんなの、ほかにあるんですかね。ちょっと思いつかないんですがー。

 今、「現役の実用品」と何気なく書きましたが、本当は単なる「現役」どころではなく、その分野において、他を大きく引き離してぶっちぎり、圧倒的に第一人者であるという状態であります。
 こんなのって、やはり、ほかのジャンルで考えられますか?
 (案外、古典芸能や芸術的な分野には、類例があるのですかね。今、ふっと思ったのですが、例えば書道における硯とか、墨とか…。能面なんてのも、そうなのかな。)

 そんなことが書かれた本なんですが、読んでいるとやはり、ヨーロッパの歴史ってのは「やっぱりすごいわ!」としか言いようがないように思えてきました。

 ただし、この「すごいわ!」は、プラス評価の「すごいわ!」ももちろんありますが、マイナス評価の「すごいわ!」も、相当にすごいです。

 この本は、ストラディヴァリウスの弦楽器のことが中心に書かれてあるのですが、文化財や芸術作品と歴史との絡みについて触れた部分なんかもあったりして、例えばこんな事が書いてあります。

 マドリードの王宮内部は、先ほど述べたように、まるで迷宮のようだ。狭い通路と小さな部屋に分かれ、一説には一二〇〇もの部屋があるともいわれている。そのうえ詳細な部屋の見取り図は秘密で、実態を把握している人はほとんどいない。
 たとえば一九九八年、このマドリード王宮内の壁と壁とのあいだ、出入り口のない小さな部屋から、ベラスケスをはじめとする貴重な絵画が十数点発見された。実際に王宮の裏側を垣間見た私は、こんなことが起こっても不思議ではないと実感できる。


 これではまるで、冒険映画のような話ではないですか。
 私は思わず快哉を叫んだのでありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

一つとる素手のうれしきプチとまと

SDプチトマト




 この俳句は去年作ったのですが、できた時は、これはいい句じゃないかと思ってしまい、ちょっと嬉しかったです。
 僕には、こういった「可愛らしい」句に対する嗜好がありますが、なかなか背筋の伸びた可愛らしい句は出来ないものですね。

 この句も、今見たら、まーまー程度かな、と。
 うーむ。
                               秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

めったにしない映画の話について(その4)

 「よろしければ貴方の推薦する映画作品をお教えいただけませんかね。日本のもの日本以外のもの、何でもいいんですが。」
 こんなメールを何人かのメール友達に送りました。

 考えてみれば僕自身は、映画はたぶん一般的な平均以下しか見ていないでしょうね。
 高校時代、一時、「ニューシネマ」をいくつか見たことがありましたが(『卒業』『イージーライダー』『明日に向かって打て』『わらの犬』なんかですかね)、邦画はほとんど知りませんし、最近のものとなると、ゴジラやガメラの怪獣ものぐらいで(これももはや最近ではありませんね)、ほぼ白紙です。

 かつて、小説作品を原作に取った、いわゆる「文芸映画」を何作か続けて見たことがありました。まぁもちろん興味深い部分もなくはなかったんですが、ほとんどの映画について、原作の小説と比べると、「比べものにならない」退屈さを感じてしまいました。

 そもそも僕は映画について、感動したことがほとんどありませんので(もちろん泣かせる映画に泣いたことなんかは何度もありますが)、ちょっと映画をバカにしているところがありますんですね、これが。
 しかし、これはヒジョーによくない、と。
 そこでぜひともカンドーの映画を見て、映画の底力を知りたく、ぜひとも名作をご推薦下さい。楽しみに待っています。よろしく。

 という趣旨のメールを打ったんですね。
 すると、何人かが返してくれました。今回はそのうちの一作。

 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』という洋画なんですが、 ……思いっっっっ切り重い映画でした。
 とにかく本当に、あきれるほど、あっけにとられるほど、思いっっっっっ切り、重く、暗い映画でした、本当。
 よくこんな映画を商業映画として封切りしていたものだと思いました。
 また、よくもこんな重い映画を見る人がいるものだとも思いました。
 でも、ツタヤでも、背表紙を向けてではなくて、表紙を向けて置かれてありましたから、それなりの需要があるのでしょうかね。

 とんでもない展開に入るまでの前半部は、とてもきれいな映像だったと思いました。
 が、ストーリーには触れませんが、後半から終了まで、打って変わって人生に対する呪いに満ちたような展開になります。びっくりします。
 確かにいろいろと考えさせる作品だとは思いますが、ちょっと重すぎましたね。
 もしもあの映画を映画館で見たりしたら、終わった後の映画館を出てくる人達の群は、一様に下を向いて、人生に対する暗澹たる思いの靄が懸かっているんじゃないでしょうか。

 村上春樹のどの小説だったかに、ねずみ取りのことについて書かれてあったのを思い出します。
 籠のねずみ取りに子ねずみが懸かっていて、死骸になっているんですね。それを主人公の青年が見て、入り口には必ず出口が付いていて欲しいと考えます。小説も同じ、出口のない小説は書かれるべきではない、みたいなことが確か書かれてあったと記憶するんですが。
 いくら人生について深く考えさせられる映画としても、出口のないものは少し辛かったですね。
 次はちょっとは明るい作品を見てみたいと思います。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術

セピア色フォトビキニ着た妻の笑み

20代12




 先日、たまたま、本当にたまたま少し写真の整理をしていたら出てきたもので、コンピュータに取り込んでみました。
 「隔世」なんて言葉を用いると、「あんたもそうや」と間違いなく言われます。
 いえ、全くその通りであります。

 ところで、「ビキニ」は季語なんでしょうか。
 ここを「水着」にすると季語になるのは分かるんですが、まーいーか、と。

 自分としては割と新機軸のつもりなんですが。
 なんか、碧梧桐みたいな感じ、ありません?

 …ありませんか。うーん。
                              秀水

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

めったにしない映画の話について(その3)

 えー、(その1)(その2)は、ともあれ、そんな話でした。(ごめんなさい。)

 映画についての「文法」は、まだよくわかりませんが、僕が映画に求めているものは、何となく分かってきました。ごくごく個人的な好みですが、「批判性」ですね。(やはり「文学的文法」ですかね。でもこれが僕のいっちゃんの好みなんだもーん。)これのある映画が、今のところ僕に一番しっくりきます。

 もっともさらに「批判性」とは何かと考え始めると、謎が謎を呼び、事態はますます混迷の度を深めていくような気はするんですが。

 さて、それでは以下、「各論」に入っていこうと思いますが、各論といっても、なに、今までと同じく、ぼそぼそと映画感想を書くだけでありますので、えー、ごめんなさい。

 「寅」とは別の、渥美清の映画のDVD、かなり昔の、を見ました。
 『拝啓天皇陛下様』というやつですが、ご存じですか。

 僕が思うに、全体にややブツ切れなうえに、特に後半はテーマの追及が希薄な感じになってしまったように感じました。しかし、にもかかわらず、僕はとてもこの映画を面白く見ました。ある意味、「フーテンの寅さん」よりも。
 この作品のテーマが、僕の評価の寄って立つ価値観である「批判性」だと思ったからでしょうかねー、やはり。

 重ねて申しますが、もちろん「批判性」が映画の中の一番の価値だなんて思っているわけではありません。僕個人のごくごく個人的な好き嫌いだと分かっていながら、「今んところこれかなー」と、ささやかに思っているだけですから、怒らないでください。

 次の映画に、続きます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術