出張の直帰嬉しく日脚伸ぶ

SD日脚伸ぶ句入り




 ここ関西瀬戸内沿岸地域ですがー、
 あの雪の日以来めっきり春めいて、

 仕事終わって、まだ明るいというのは、
 なんというかー、
 なんとなく嬉しいものですね。

                          秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

スリリングでドラマティックな勃興史

  『教養としての〈まんが・アニメ〉』大塚英志・ササキバラ・ゴウ(講談社現代新書)

 まんがについて私は、もう30年ほども前から、最近の話題作等についての知識が無くなってしまっているのですが、それまでは結構読んでいました。
 その頃は、ついでに「まんが評論」なんかにも時々触手を伸ばしていました。古いところで言えば、鶴見俊輔とか石子順造とかいった人たちの本ですね。これもわりと面白かったです。

 というわけで、本書につきましても、前半部「まんが史」の部分については、私自身のリアル・タイムな体験もあって、よく分かりました。
 具体的に本書の内容に合わせて言いますと、まず各章題がこんな風になっています。

   手塚治虫→梶原一騎→萩尾望都→吾妻ひでお→岡崎京子

 この内の、吾妻ひでおの真ん中あたりまでですかね、ほぼ私は、この「まんが史」と併走していました。(もちろん初期の手塚治虫はリアルタイムでは知りませんが。)だから、懐かしさもあってとても面白かったです。

 しかし、私がより感心したのは後半部「アニメ史」のほうであります。
 これはかなり感心したのですが、なぜ私は感心したのだろうと考えると、ふたつですかね、その理由らしきものは。

 (1)私のあまり知らなかった分野のことが書かれてあったから。
 (2)現在日本で最も勢いのある分野の話だったから。

 現代日本でほぼ唯一と言っていい、世界に向かってリードし、情報発信をしているメディアが、今更私が言うまでもなく「アニメ」ですね。(もちろん、「まんが」もです。)
 そのアニメの黎明期の話ですから、やはり勢いがあって面白かったんだと思います。
 上記例に倣って、各章題を挙げてみます。

   宮崎駿と高畑勲→出崎統→富野由悠季→ガイナックス

 と、こんな感じですね。どの章の内容も、アニメの「勃興史」を描いて、スリリングでドラマティックでした。
 そして、読み終えた私が何を考えたかというと、それは作家・幸田露伴のことでした。
 また何を訳の分からないことを書き出したかと、訝しくお感じの方もいらっしゃるかと思いますが、えー、すみません。実はこんな話です。

 昭和12年4月第一回文化勲章を受け、その祝賀会の席上、文学は科学とは別で、国家に厚遇されるよりもむしろ虐待されるところにすぐれたものが生まれると挨拶した。文学の本領をついてあますところなく、真正文学者の面目躍如というべきであろう。(『日本文学小辞典』)

 上記に、まんが・アニメは、ほとんど唯一日本が世界に向かって発信している文化だと書きましたが、それについて、徐々に「陰り」が見えだしているという話も聞きました。

 まんが・アニメ分野にも、国家の全面的バック・アップのもと戦略として文化輸出をはかっている国が現れ始め、個人企業がベースの日本のアニメ界は、大いに追い上げをくっているというのですね。

 しかしこの度、この「アニメ史」を読み、露伴の言葉を思い出し、私は、なるほど国挙げてのアニメ輸出戦略も悪くないのかも知れないが、こんな「在野」の文化に本当に必要なのは国家に庇護されることではなく、「反骨」なのだと改めて実感したのであります。
 権力によって保護された時、その文化がパワーもオリジナリティも失っていくという例は、まさに歴史に枚挙がありません。

 最後にもう一つ、本書のタイトル「教養のための」というフレーズは、ちょっと「反骨」とは相容れないかも知れませんが、しかしアクティブな「教養」の感じられる、実に楽しい・いい本でありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

しっとりと前栽濡らしひいなの日

SD前栽雛




 季節は、早めに、これくらいの時分に書くってのが、
 いいんですよね。
 今回は、だから、「○」ということで。

                            秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

ページから音楽が聞こえてくるような

  『のだめカンタービレ・1~25巻』二ノ宮知子(講談社)

 纏まって一気に漫画を読み終えるというのは久しぶりの体験です。
 私が漫画をもっぱら読んでいたのは、んー、高校二年生くらいまででしたかね。それ以降は、何というか、あまり読んでいません。

 これは全く個人的な趣味の変化です。例えばかつて私は、かなりディープに熱帯魚を飼っていたことがあるのですが、今は、家の坪庭の鉢に二匹、金魚を飼っているばかりです。
 特に理由はないんですが、あえて言えば阪神淡路大震災が、この趣味が無くなった事に少しは影を落としているでしょうか。

 変な話になりましたが、『のだめカンタービレ』の話であります。
 そもそもわたくし、「はやりもの」は大概はやりの終わった頃に初めて手にします。そんなどんくさい性分なんですね。
 そもそもこの漫画を、わたくし最初は、知人の女性にこんな風に紹介されました。

 「ページから音楽が聞こえてくるような漫画ですよ。」

 でも、そういわれても長く手に取らなかったのですが、先日、公立の音楽高校生徒によるクラシックのミニ・コンサートに行ったら、出演者である女子高生の多くが、作品紹介の時にささっとこの漫画のタイトルに触れていくんですね。

 なるほど、そんな漫画なんだと認識を新たにしまして、ネットで調べますと、いわゆる「大人買い」ができるということでセットで買いました。
 そしてどさっと家にやってきた漫画本を、先日の週末一気に読みました。

 いやー、面白かったです。
 残念ながら、私にはページから音楽は聞こえてはきませんでしたが、それでもそんなこととは関係なく、とっても面白かったです。

 おもしろいなーおもしろいなーとおもしろがりながら読んでいますと、当たり前ながら全25巻の本ですから25巻目には終わるんですね。(実は「本編」は23巻目に終わっているんですが。)

 その時私は、突然「おやっ?」と感じてしまいます。
 えっ? このお話って終わってしまうんだ、と。

 これってきっと、私がとっても面白がって作品を読んだということですよね。
 かつて小説家の丸谷才一が、少年時代とにかく長い小説を読むことを好んだ。小説が終わることが嫌だった、という趣旨のことを書いていたのを思い出します。

 この音楽漫画はそんな、お話が終わることに「違和感」を持ってしまうような面白い漫画でした。
 今更ながら、当たり前でしょうが、娯楽作品においてベスト・セラーはあなどれませんねー。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

窓越しに指で辿りて冬嶺かな

SD冬嶺句入り




 これは、知人のマンションの階段から取った風景で、
 句意とはだいぶずれていますね。

 水滴伝うお部屋の中で、というイメージなんですがね。

                             秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

第二次産業も稔り豊かな漱石作品

  『漱石を読みなおす』小森陽一(ちくま新書)

 しかし実際、漱石関係の本というのは、私にとってはかなりの高い確率で面白いです。
 いろんなところで目に付いたらけっこう読んでいるつもりですが、はずれることがあまりないですね。これは以前から僕が思っているいわゆる、漱石作品の懐の深さゆえでしょうか。
 漱石の、いろんな読み方を可能にしてしまう、恐ろしいような深みにまで及ぶ書きぶりのせいなんでしょうね。

 (『源氏物語』について書かれてある本もそんな感じですよね。びっくりするようなことが書かれていたりしても、まー、そんな「読み」も一応ありかな、なんて思ってしまう懐の深さが、『源氏』にもあります。)

 例えばこの本には、『吾輩は猫である』冒頭の「吾輩」がどこで生まれたか記憶がなく、「薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけ」を覚えているという個所が、漱石の里子体験と重なっていると読んでいます。
 さらに「吾輩」の「兄弟」「母親」が姿を消してしまったという個所についても、漱石の実体験に重ねて読むことが可能であるとのことですが、うーん、これはちょっと、納得しがたいようにも思うんですが、いかがでしょうか。
 漱石の「里子体験」は、まー一応納得できるとしても、後者はちょっと牽強付会、ですよね。ここまで書いてしまうと「何でもあり」な気がしますね。

 とまぁ、こんな所もあるのですが、でもこの本も僕にとってははずれではないと思いました。わりと面白い、そんな本です。
 しかし、第二次産業もさることながら、やはり基本は第一次産業。またひとつ、漱石作品自身を直接読みなおしてみますかね。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

着ぶくれて世界平和を思いけり

SD着ぶくれ③句入り




 ちょっとやりすぎの内容ですかね。
 ふっと、世界中の兵士が着ぶくれていたら、
 戦争なんてできないだろうなー、
 なんて思ったものですから。

                           秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

不思議な「メタ小説」(?)

  『脳男』首藤瓜於(講談社文庫)

 えー、本作で、2000年度の江戸川乱歩賞受賞と解説にあります。
 はやいもので、もう十年以上前になりますね。
 だから、別に新しい小説ではありません。

 この本は大型古書店で、いつものように105円で買った本です。それから、私の机の上の本立てに長く立っておりました。
 机の上の本立て(中学生が技術家庭なんて教科の夏休みの宿題で作ったりするような本立てです)には50冊くらいの読んでない文庫本が、立っていたり横になっていたりしているんですね。困ったものです。

 今年に入って、まー年頭の目標ではありませんが、わりと読書三昧になったのは、この本立ての中身を少しずつ減らしていこうと思ったからで、やっと15冊ほど減って、少しは机の上の見通しが良くなりました。

 で、その一環として『脳男』も手に取ったのですが、読み終えてみると、なかなかいいなと言う感想。でも読書中は、私はもっと高い評価をしながら読んでいました、特に前半。

 考えてみれば、なんといってもまずタイトルがいいですよね。かなりのインパクトがあります。(私は文庫本しか知りませんが、文庫本の装丁も、なかなかタイトルと解け合っていいんじゃないですか。)

 そして上記に触れたように、作品全体の半分くらいまでですかね、前半はとっても良かったです。
 「へー、こんな作品が、こんなところに転がっていていいのか」
というくらいの好印象を読みながら持ちました。
 それはどういいんでしょうか、ちょっと考えてみますね。

 この作品は、一応ミステリーと呼ばれるジャンルにあるのだろうと思います。いえ、ジャンル分けそのものには、便宜上以上の意味があるとは思いません。
 例えば漱石の『こころ』は明らかに推理小説的構成であるし、ドストエフスキーの『罪と罰』にしても、同様。

 ただ、ミステリーと呼ばれるジャンルが、特に謎の設定に重心が置かれるタイプのジャンルであることは確かだと思います。そう考えたとき、この作品の(特に前半部)の持つ「謎」の設定には、いわゆる「メタ小説」的なものがあるように感じました。

 ストーリー上の謎と並んで、読者に対して、なぜこんな小説を読まねばならないのかという点の謎掛けがあるように感じたわけです。なんて言うか、読むほどにイライラさせる、読むほどに読むことに対するフラストレーションが生まれてくる、といった感じでしょうか。
 これは、作者の持ち味なんでしょうかね。だとすればなかなかに異様な、手練れな文章力だと思います。

 ところがさて、やっと作品全体の見通しが見えてくるあたりから、上述の不思議な魅力は、これまた不思議なことに徐々に失せていきます。
 そしてここから先は、要するにミステリーとしてのおもしろさになります。
 別にそれだけでいいではないかとも思いますが、しかし前半の「高揚感」とは比べるべくもありません。

 というわけで、読み終えてみると結局「なかなかいいな」に落ち着いてしまいましてー、どうもすみません。私としてはもっと誉めたかったんですがー。
 でも前半は、間違いなくとっても良かったです。
 そんな作品であります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学