眩暈のしそうな遙かなる隔たり

 さて、前々回の続きの話であります。
 前々回の話は、オペラ『椿姫』を見た私は、相変わらずのオペラの「非人間的」ドラマツルギーにとっても恥ずかしくあきれた、というところまででありました。

 その中心は、第二幕第一場の馬鹿息子を思う馬鹿親父の理論展開であります。
 全く、あんなエゴイスティックな理論はありません。
 そしてそんな理論がスルーして、何となくそのまま展開してしまうところが、私のイヤなオペラのドラマツルギーの典型的な「非人間性」であると、私はずっと思い続けてきたわけですね。

 ところがしかし、今回はそんなドラマツルギーの「破綻」を見ながらも、その後どんどんよくなる法華の太鼓のように最終幕までいって、その挙げ句私は、とっても面白かったわけですね。そしてその時、突然私は理解したのでありました。

 あのー、ちょっと極端な例えでもって描いてみますが、怒らないでくださいね。それは、こういう事であります。

 「吉本新喜劇を見て、人間が描けていないと怒るものがいるか。」

 いきなり関西系のローカル話題になってしまいました。
 でも何となく、テレビなどに出ている全国レベルの関西お笑い芸人をご覧になって想像がつくと思うんですが、たぶんその想像が正解ですので、どうぞよろしくお願いいたします。つまりこういう事ですね。

 吉本新喜劇→お笑いによる娯楽の徹底的追求
 オペラ→音楽による娯楽の徹底的追求


 こう考えることで私は、以前よりずっと悩んでいた、『蝶々夫人』や『コシ・ファン・トゥッテ』のストーリーの「非人間性」についての考え方が、今回やっと体験的に納得できました。
 それは別の言い方をすれば、オペラにおける音楽以外の要素は、悉く娯楽として音楽にのみ奉仕するものである、ということであります。あたかも、吉本新喜劇の舞台上のすべての物事が、ただ「お笑い」のためだけにあるように。

 ストーリーの非人間性など、気にする方が愚かである。
 音楽の精神性など、犬に喰われてしまえ。

 ということで、私の積年の疑問「その1」が、やっと氷解しました。
 考えてみれば(というより改めて考えるまでもなく)、『蝶々夫人』に描かれる人間性と、ベートーヴェンの後期弦楽四重奏の精神性の、眩暈のするような遙かな隔たりが意味するものは、二者は全く異なるジャンルの芸術・芸能であると言うしかありませんよね。
 愚かなのは、ひとえに私でありました。

 そしていよいよ次は、私の音楽をめぐる疑問の本丸(積年の疑問その2)、「音楽的才能は人間性に連動しないのか」という件なんですが、これについても、そろそろ何となく「答え」は見えてはきているんですがねー。………。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

海峡を越えて春日の兆しかな

SD春日句入




 先日、友達と兵庫県は舞子というところに行ってきました。
 全国的にさほど知名度のあるところなのかどうか、
 寡聞にして存じませんが、
 明石海峡大橋のあるところです。
 (といっても、それも全国的知名度があるのかどうか
  知りません。でも世界一長い吊り橋だそうです。)

 なんだかいつまでも寒い日々ですが、
 海の向こうから、少しずつ春らしくなってくるのを、
 みんなで期待しておりました。

                            秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

『椿姫』は太宰治か

 先日、オペラの公演に行って来ました。
 『椿姫』であります。とってもよかったです。

 ネットで音楽系のブログなどを見ていますと、みなさん、様々な音楽作品をとっても上手に誉めたり批判したりなさっていますが、いかんせん、無知の悲しみ、そんなことが私は上手にできません。

 しかし、タイトル・ロールの女性を始め、だんだんよくなる法華の太鼓のように、幕が重なるほどにどんどんよくなってきたように思いました。後半はとっても盛り上がってきました。
 そして、私は突然気が付いたのですね。
 「うーん、そういうことだったのか」と。

 何が「そういうことか」と蒙を啓かれたかと申しますと、私にとっては本当に、目から鱗が落ちるように、一気に視界が明るくなったことなんですが、一言で言うとこういう事です。

 「オペラと器楽曲とは全く別物である。」

 何を今更と、お思いの方もいらっしゃると思いますが、いえ全くその通りで、私の不徳の致すところとしか申しようがございません。
 えーっと、もう少し丁寧に順を追って説明してみますね。

 事の起こりは、『椿姫』第二幕第一場の、ジェルモンの論理であります。
 ジェルモンは、椿姫=ヴィオレッタの恋人であるアルフレードのお父さんですね。
 パリですっかり「遊び人」になっちゃった「馬鹿息子」アルフレードを田舎に連れ帰るために、ヴィオレッタに「息子と別れてくれ」という、その論理のことであります。

 私は、この場のあの「ねじくれた」論理展開を見ながら、思わず太宰治の『家庭の幸福』を思い出しました。例の有名な結句。

 「家庭の幸福は諸悪の本」

 太宰治は、独特の嗅覚で家族団欒に潜む「非人間性」を抉っていくのですが、しかし、この『椿姫』の「馬鹿親父」ジェルモンの論理は、全く実も蓋もありません。
 こんなあまりにあっけらかんとしたエゴイズムの発露は、見ていてこちらがひたすら恥ずかしくあるのですが、えー、続きは、次々回に。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

おほなゐにしをえぐられてこぶしかな

 大地震に枝を剔られて辛夷かな       秀水
    (おほなゐにしをえぐられてこぶしかな)

 『方丈記』に、元暦二年(1185年)の大地震の記述があります。

 また、同じころかとよ、おびただしくおほなゐ振ること侍りき。
 そのさま、よのつねならず。山はくづれて河を埋づみ、海は傾ぶきて陸地をひたせり。土裂けて水涌き出で、巌割れて谷にまろび入る。なぎさ漕ぐ船は波にただよひ、道行く馬は足の立ちどをまどはす。都のほとりには、在々所々、堂舎塔廟、一つとして全からず。或はくづれ、或はたふれぬ。塵灰たちのぼりて、盛りなる煙の如し。地の動き、家のやぶるる音、雷にことならず。家の内にをれば、忽ちにひしげなんとす。走り出づれば、地割れ裂く。羽なければ、空をも飛ぶべからず。龍ならばや、雲にも乗らむ。恐れの中に恐るべかりけるは、ただなゐなりけりとこそ覚え侍りしか。


 私の持つ古びたこの文庫本を開いたのは十六年ぶりであります。
 阪神淡路大震災で被災した時以来でした。
 
 今回も読んでみて、鴨長明のジャーナリスティックな筆致にやはり感心したのですが、同時にあの十六年前の感想も思い出されてきました。

 長明にとって「なゐ」は、「羽なければ、空をも飛ぶべからず。龍ならばや、雲にも乗らむ。恐れの中に恐るべかりけるは、ただなゐなりけり」としか書けないものだったろうが、今は、わずか、ほんのわずかの違いでしかないかも知れないが、人間はもう少し自然の牙に対して「抵抗」の意を示すことができるはずだと。

 阪神淡路大震災の時、私は、「見る・感じる・忘れない」を被災の日々を過ごす上での定点にしようと思いました。
 ただあの時は自らが被災者だったからで、この度はそれに少し「動く」を加えようと思っています。

 古典作品とはいえ、長明の否定的言辞には一概に与することなく。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

日本音楽の本家本元(後半)

  『雅楽』東儀秀樹(集英社新書)

 上記の本の読書紹介の、後半であります。
 前半では、本書には「我が田に水引く」表現が見えて少し「違和感」、という話をしていました。
 そしてその理由について、「孤立無援の宣伝活動」という、キーワードを、わたくし、作り出しました。

 その理由に加えて、もう一つ。
 そもそも、自分がアーティストで表現者であるという方が、自らの芸術活動について紹介をするという文章であります。
 何といいますか、えー、そもそも芸術家という方々は、自分の「フォルム」に圧倒的自信を持っているという方のことですよね。

 例えば、ピカソが自分のフォルムに自信が持てなければ、あの実に独創性溢れる表現は成立しなかったはずであります。でしょう?
 だからまー、堂々と自信を持って「我が田に水引く」、と。

 しかしそんな風に考えると、表現者自身が、まじめに自らの表現について解説する本(アイドル本なんかじゃなく)というのは、案外あまりないのかも知れませんね。そんなことないですか。

 というように、結構読んでいて少々読みづらいところもありながら、しかし、伝統のある分野に棲んでいた方が、その分野について一端を語ると、ぞっとするような「凄み」のある内容が現れたりします。
 そんなところは、読んでいて、思わず唸ってしまいます。こんな部分。

 僕が宮内庁の楽師だった頃は、先に紹介した皇室行事にも毎年参加していたわけだが、皇居の賢所前で行う「御神楽之儀」は、中でも印象的な行事の一つだ。夕方の六時から深夜一二時まで、延々と歌と演奏が続くのだが、観衆は誰もいない。神殿の前に玉砂利が敷きつめられ、その中央に小さな庭火が灯っている。その庭火を絶やさないよう常に薪を補給しながら、儀式は続けられる。その火を目印に神が天からおりてきて、我々楽師とともに歌や舞を楽しみ、そして、また天に帰っていくという意味があるのだ。

 神のみを唯一の観客とし、人間は誰もいないところで延々と続く歌と演奏とは、何とも鬼気迫るものと想像するのですが、いかがでしょう。
 伝統というものは、時にこんな、人智や理論に対して有無を言わせない状況を、のっと作り出しますね。
 
 こんな内容が、この本のあちこちに散りばめられていたりします。
 これはやはり、大いに意味のある本だと、言わざるを得ないでしょう。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

日本音楽の本家本元(前半)

  『雅楽』東儀秀樹(集英社新書)

 最初に述べておきたいと思いますが、なかなか面白い本でしたが、何から何まで面白い本というわけではありませんでした。

 筆者は、1300年続く雅楽を伝えてきた楽家の家系に生まれた方で、宮内庁式部職楽部に勤めていた人です。その後宮内庁を退職し、現在はフリーの雅楽師をなさっているというミュージシャンです。
 まさに本家中の本家、本道中の本道の「日本音楽家」ですね。

 しかしそれ故に、本書には何とも拭いがたく、我が田に水引くところが読めたりもします。そこが読んでいて、少し「違和感」。

 でも、そうなってしまう理由も、よく分かるんですね。
 それは、筆者が書籍(われわれ一般国民が手に取りやすい文庫や新書とか)の世界で、孤立無援とは言い過ぎにしても、ほぼ援軍を期待しにくい状況で雅楽の紹介・宣伝活動をなさっているからです。

 例えば私のことを振り返ってみますに、ぽつぽつと好きで読んでいたクラシック音楽関係の文庫や新書は、気が付けば我が家には百冊くらいありますが、その中に雅楽について触れた本は、本書以外一冊たりともありません。(これって、私固有のことではないですよね、きっと。)
 「孤立無援の宣伝活動」とは、あながち誇張表現でもないことが分かります。

 しかし、「我が田に水引く」と私が感じてしまうとは、例えばこんな部分です。

 一二音階というのは、クラシックを基本軸にしてヨーロッパで確立されたと世界中でいわれているが、僕はこれは大きな間違いだと思っている。一二音階を、確立して系統立てたのがたまたまヨーロッパ人が先だったと言うだけで、東洋の国々、中国や日本にも千年以上前から一二音階はあったのだ。自然の中で生活している人間なら誰もが発見しうるもので、地球上いたるところで、同じような音楽の発見はあったはずだと僕は考えている。


 ……えーっと。
 秋になって、リンゴの実がたわわに稔り、ぽとりぽとりと落ちていきます。
 地面にリンゴが落ちる現象は、リンゴの木さえあれば世界中であったはずであります。
 しかし、そこから万有引力の法則を発見し、「系統立てた」のは(一応、このエピソードが本当だとして)、ニュートンが人類史上では初めての人でした。
 大事なのは、そういうことですよね。

 でも、私は本書を、批判的に取り上げようとしているのではありません。
 次々回に、それを。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

冬尽くを色と香りで知らせけり

冬尽く句入り2




 しかし、季節も一進一退、なかなか尽きませんねー。
 また寒いですよ。

 でも、そんなやり取りが、実は楽しかったりして……。

                             秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

しつこく人格と芸術について

  『モーツァルトとベートーヴェン』中川右介(青春新書)

 この本の中にこんな事が書いてあったんですが。
 ベートーヴェンが作品を持ってハイドンに会いに行きます。ハイドンはその作品を見て即座に「ウィーンに来て勉強する気があるならば、弟子として迎えよう」と言います。しかしこの師弟関係は、どうもあまりうまくいかなかったようでした、というところです。

 芸術家と教育者とは両立しない。両者は正反対だ。芸術家は自分中心だ。他人のことなどどうでもいい。そうでなければ偉大な芸術など、生まれない。しかし教育者はその逆で、生徒をいかに伸ばすかを考えなければならない。芸術家は下手な演奏、くだらない作品が我慢できない。教師は下手な演奏を聴くのが仕事だし、くだらない作品からいいものを見つけ出し、伸ばしてやるのが仕事だ。この二つは、まったく正反対の資質を必要とするのだ。

 とりあえず、「教育者」というのは、置いておきます。
 私が以前から心のどこかでずっと気になっていた事柄にヒットしたのは、「芸術家は自分中心だ。他人のことなどどうでもいい。」という部分であります。

 昔から、人格と芸術の関係が、まー、わりと気になっているんですね、わたくし。
 以前にもこのブログでも触れたことがあるような気がします。しつこいようですが、そもそもそんなしつこい性格なんです、わたくし。

 本件については、クラシック音楽の友人からも、批判というか非難というか、「ケーベツ」を受けております。
 しかしねー、これは、ちょっと極端な例示をすると、こういう事なんですね。

 「墨痕鮮やかに達筆で書いた『馬鹿』という書に、我々は感動できるか。」

 と、まー、こういうことだと思うんですがね、ちがうかな。
 あなた、感動、できます? いかがです?

 さて本書は、そんなことばかりが書いてある本ではありません。
 タイトル通り、モーツァルトとベートーヴェンについて書かれてあるのですが、彼らの経済生活とその時代の政治状況にかなり引きつけた記述がなされています。いわば、それがこの本の「眼目」です。

 この筆者の本は、音楽関係のものを何冊か読んだことがあるのですが、実はそんなに気合いの入った「キレ」のよいものであるわけではありません。ある友人は、「パッチ・ワーク」と、ひどいことを言いました。
 しかしそれなりに読むとよく纏まっていて、私はとっても面白かったですよ。
 特に本書は、18世紀から19世紀にかけて、フランス革命を中心とした西洋史の勉強にもなります。

 ところで、冒頭の案件ですが、最近やっとちょっとずつ感覚的に理解しつつあるんですが、つまり、ひょっとしたら、芸術家の中でも音楽分野の方はかなり違うのかも、ってことなんですがー……。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽