年の瀬や日増しに妻の頼みごと

1tanomi001.jpg




 なんといったって、年の瀬、ってくらいですから。

 みんな、忙しいんですから。

 ……、ま、こればかりは、その通り、ということで。

                         秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

もと暴走族リーダーの講演会

 これも今となっては昔の話ですが、うちの子供がまだ高校生の頃、学校から講演会の案内プリントが来ました。「同和講演会」、ってんですかね、それともそんな言い方ではなかったかもしれません、とにかくそんな案内が来まして、たまたま私は暇だったもので、ふらふらと聞きに行きました。

 というのも、演題並びに講師の方がおもしろそうだったからであります。冒頭のお方でありますね。いえ、実際、なかなかよかったです。

 生徒達も実にシーンと聞いていました。生徒達って、いつもあんなに静かに講演会なんかに参加しているものなんですかね。やはり講演者が、よかったからだと思います。つまりまだ20代後半くらいの若い男性で、もと暴走族のリーダーというのが。

 パワーポイントを使いながら講演でしたが、私は見ていて、パワーポイントで感心するような説得力・表現力というのを初めて見ましたね。
 例えば仕事で、はやりのプレゼンなんちゃらかんちゃらの会議に出ますと、大抵パワーポイントによる説明ですよね。もちろん便利なことは便利なんでしょうが、まぁ、こんなものだろうという想定内の感想を持つものばかりであります。
 しかし、今回の講演でのパワーポイントは、まさにこのソフトの「パワー」を感じさせるものでありました。

 でもそれも、パワーポイントの力量というよりは、語られた内容によるものでありましょう。というのも、使い方そのものは極めてポピュラーな、講演者の話題の中心を画面に掲げながら、その内容・感想などをその時どきに箇条書きで写していくというものに過ぎなかったからです。

 有効だったのは、その時々に差し挟まれる写真や動画で、それが例えば、暴走族のリーダーというイメージそのままの、つなぎの服を着て、額の髪の生え際には剃り込みを入れ、いかにもという凶悪そうな視線で上目遣いに睨んでいる写真であったり(講演者は隣で「あ、これが17の時の私です」とか言ってるわけです)、遠足の時の集合写真みたいなものが写ったなと思ったら「これは、暴走族グループとレディースのリーダーの集まりです。一列目真ん中が私です」とかコメントが付いたり、実際の暴走時のビデオが流れたりして、それはそれは実に迫力のあるものでした。

 ということで、生徒達も私たちさほど多くなかった保護者達も、とっても一生懸命に話を聞いていました。近来まれなクリーン・ヒットの講演会でした。

 ……で、もう一つ感想ですが、やはりどの世界でも、一定の「頭の良さ」というのか、そんなものが必要なんだなと思いましたね。

 暴走族の世界から抜ける時の大変だった話もなさったのですが、その際、いっしょに抜けて更生できた者と、一方それができずに、さらに本格的なヤクザの世界に入って、覚醒剤などにのめり込み廃人同様になってしまった者が、やはりいるんですね。
 では、その境目はいったいどこなのか。

 いちがいには言えないようですが、また講師がストレートにそうおっしゃったわけではないですが、私は聞いていて、これじゃないかと思いました。つまり、

 「経験から学ぶことのできる力、言い換えると、生きるための『学力』の差」

 ……うーん、そう考えると、なかなか恐いものでありますね。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

翳し見て妻と捧げる聖夜の灯

seiya011.jpg




 何年ぶりになるのか、
 イブの夜、近所の教会に行きました。

 もとより教徒ではなく、
 ただ、この宗教には個人的に、
 なんとないシンパシーが感じられて。

 でも、
 久し振りに女房と行ってみて、
 よかったな。

                     秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

「中高年対象、生涯生活設計講座」顛末(後半)

 前々回の続きです。
 少し前に私は地域の公民館でおこなっていた「中高年対象、生涯生活設計講座」というのに行きまして、定年退職後夫婦が死ぬまでにいかほどのお金がかかるかという話を聞いて、目が点になったと言うところまで書きました。
 こんな感じの経費でした。

   (夫婦健在期間22年間)7392万円
      +(妻一人の期間)1728万円
         +(一時的支出)数百万円
            =合計・ほぼ1億円


 ……えー、この段階で私はかなりビックリしたんですがー、それはたぶん私の世間知らずのせいでしょうね。普通のお方は「想定の範囲」なんでしょうか。
 一方収入の方ですが、項目としては以下となります。

 (1)60才時貯蓄残額  (2)退職一時金  
 (3)公的年金      (4)その他(個人的収入、個人年金など)

 講師さんも言っていましたが、共稼ぎ夫婦以外では、ここんところの「支出」と「収入」の過不足は大概「赤」になるということであります。

 えー、さて、ここまでの話の段階になりまして、私は、もうビックリしていないんですね、実は。その代わり、こんなことであれこれ悩んでもしゃーないという、きわめて「内向き」の思考になっているわけです、すでに。

 つまり、今更そんなこと言われてもしゃーない、という。
 なるようにしかならん、という。
 こんな会に来んかったらよかった、という。

 とまれ、その日はそんな「フユカイ」な一日になってしまいました。
 かつて大学の文学部というところで習った『更級日記』という作品は、老年期を目前にした女性が、「文学作品」に憧れ過ごした若かりし頃を振り返って、人生を大いに悔いるという内容ですが、私も文学部なんかに行かず経済学部かなんかに行って、もっと一生懸命お金儲けに精出していればよかったと、……うーん、まー、やっぱり、そんなことはあまり考えませんね、あいかわらず。
 そんな一日の感想でした。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

名の年と共に逝きける兎かな

misu01.jpg




 何かと気ぜわしい季節になった頃、
 11年間飼っていた兎が死にました。
 いろいろ寂しい思いはあるものの、
 その干支年と共に去ったのだと、
 もって瞑すべしと、
 思うことにしています。
                          秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

「中高年対象、生涯生活設計講座」顛末(前半)

 少し前のことです。地域の公民館でおこなっていた「中高年対象、生涯生活設計講座」というのに行ってきました。サブタイトルがこんなのです。

  「これで安心、再雇用期間と定年後の生活設計」

 えー、そもそもなぜこんな講座に行ったかと言いますと、女房の身体の調子が今ひとつで、今後の経済生活設計が大幅に変更されそうなので、どうなってしまうのかちょっと気になったというわけですね。

 で、講師の方の話を聞いて、さすがにあれこれ参考になりそうなことをお教えいただきましたが、そもそも定年退職後の生活設計なんて、今まであまりまともに考えたことがなかったもので、いろいろとビックリすることがありました。

 そもそも定年退職後から夫婦二人が死ぬまで、いかほどのお金が必要なのか。
 こういうのって、「一般常識」なんですかね。私はちっとも知らなかったのですが……。
 いったい、どれくらいだと思われます?

 約一億円なんですね。

 そんなにかかるわけないやろーと思いませんでしたか。私は思いました。でも、以下の項目に数字を入れていくと、なるほど一億円の近似値になってしまいます。こんな項目です。

(前提)死亡年齢を男性女性の平均寿命年齢(男性82才、女性88才)とする。
    妻は夫より2才年下とする。(うちがそうなんです。)

(1)夫婦健在期間22年間について
    毎月の生活費28万円(注1)×12月×22年=7392万円
(2)妻一人の期間について
    毎月の生活費18万円(注1)×12月×8年=1728万円
(3)予定される一時的支出(注2)
    ・住宅ローンの一括返済  ・住宅の修繕費用
    ・自動車の買い換え費用  ・子供への経済援助(結婚資金等)
    ・葬儀費用(二人分)

(注1)この額は生命保険会社の行ったアンケート結果によるものだそうです。
    ということは、すでに少々怪しい気がしないでもありませんが。
(注2)この額は家庭によってバラバラですが、結構大きいのが住宅修繕費。
    自動車買い換え費も、多分2回くらいの買い換えはあるんじゃないか
    と考えると、なかなか馬鹿にはなりません。結局数百万はいきそうです。

(合計)7392万円+1728万円+数百万円=ほぼ1億円

 ……えー、ビックリしながら、以下、続きます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

落ちてよく残れるもよきいてふなか

icyoh021.jpg




 職場のそばに、

 とっても公孫樹の綺麗なところを見つけました。

 なんか、そこを歩くだけで、

 とっても気持ちいいです。

                          秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

お習字とアルコール中毒の話

 先日、知人から久しぶりにメールが届いたのですが、奥さんが病気で3ヶ月入院していたのが、やっと退院するということでした。
 しかしその3ヶ月はなかなかハードであったようで、日々の生活に加え、奥さんのいろいろな世話もあり、すごいストレスで「仕事したくない病」に罹ったそうであります。

 しかし「仕事したくない病」は、私もすでに罹患いたしております。(もちろんその時の友人とは、重度が違うのでしょうが。)
 私はこの病気対策として、とにかく家に帰ったら仕事のことは一切考えないようにする(といっても、払っても払っても寄ってくるハエのように仕事のイメージは脳内にやってくるのでありますが)ことにしています。

 そんな時、かつてならとにかくひたすら酔っぱらっていました。午後7時を過ぎますと、うーん、三日に一日はすでに呂律が回らない状態であったですかね。
 でも、わりとあっさりと酒とタバコをやめたもので(現在は、酒については少しは飲むのですが)、そのかわりとして、読書はまぁ、私の生き方のベースですから特に新しく始めたわけでもないですが、俳句をひねったり、俳画を書いたり、お習字をしたり、クラシック音楽を聴いたり、自転車をこいだり、筋トレをしたりと、まー、そんなことをしています。

 しかし考えてみれば、酒を飲んでうだうだしているというのは、半分死んでいるのと同じ状態ですから、かつてはほとんど毎日4、5時間ずつ死んでいたわけです。
 全く無駄な日々でしたねー。
 それだけでなく、酒をやめてから、アルコールの害について書かれた本などを読んで改めて気が付いたのですが、やめる1、2年前から私は右手に一種の麻痺がきていたということが分かりました。

 中島らもの小説『今夜、すべてのバーで』の中に、アル中で緊急入院した主人公が診断を受ける場面で、医者が、主人公の足の指をあちこちさわって、触れているのが判るかと尋ねるシーンがあります。
 かつての私は、そのシーンを何気なく読んでいたのですが、酒をやめて再読したとき、程度としてはまだそこまでの麻痺はなかったと思うのですが、この個所に非常に納得した思いを持ってしまいました。

 今、お習字の練習なんかを、自分でお手本を見ながら時々やっているのですが(まぁやっていることはもちろん知れてます)、なぜそんなことやっているかと言いますと、手首が自由に動くんですね。
 当たり前じゃないかとお思いかも知れませんが、かつては力を入れると変な具合に突っ張ったりして、自由に動きそうで動かなかったんですね。
 だから今、字を書いていて、とても気持ちがいいわけです。えらいもんですな。

 しかし人生って、人とだけではなく、全く不思議な出会いの集まりだと、本当に思いますね。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ささやかになおささやかに庭紅葉

niwamomi01.jpg




 12月になっても紅葉というのも、何ではありますがー、

 それは私のせいではなくー、

 もっとも、まー、季節に鈍感なのは、

 私のせいですがー、

 ……。

 (だって、なお紅葉なんですから。)

                           秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学