近づきて 気も高ぶりて 野分風

nowakikaze01.jpg




 ……なるほど、
 今更ながら気付いたのですが、
 風を写すのって、
 難しいものですね。

 野分です。
                        秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

忌野清志郎の「印」

 きっと毎年のことでありましょうが、この夏もとても暑かったですね。
 そのせいで、……というか、最初はそのせいだとは思わなかったのですが、私はクラシック音楽を家でほとんど聴きませんでした。
 
 クラシック音楽をほとんど聴かなかったのが、夏の暑させいだと知ったのは、クラシック音楽の私の「師匠筋」にあたる友人に指摘されたからでありますが、なるほど、夏はクラシック音楽コンサートのシーズンオフでありますものね。
 やはり一曲が長いせいで暑苦しいんでしょうかね。もっとさらっと短い曲を、と。

 ということで、私はこの夏はもっぱらポップスを聴いていました。何を聴いていたかと言いますと、忌野清志郎であります。
 あれこれ個人的な説明はおいて、清志郎を聴いていてつくずく思ったのは、当たり前ながら、とってもいいな、と。
 どこがいいかというと、もちろん第一に歌がうまい。独特なうまさであります。
 そしてもう一つ思ったのは、不思議なところに「印」が付いていることです、かね。

 「印」とは、何か。
 「個性」と言い換えてもいいのかも知れませんが、それを単独で見ると、果たしてセンスがいいものであるのかどうか、よく分からないところのものであります。
 例えば、まずつまんない例から。清志郎のライブCDを聴いていると、彼はこんな言い方をしていますね。

 「ワン、トゥ、さん、し!」

 これは、「センス」ですかね。でも、清志郎らしい「印」ですね。尾籠な例えで恐縮ですが、犬が電信柱におしっこをかけているみたいな。

 次に、名作、というか名訳『デイ・ドリーム・ビリーバー』の一節。

  ずっと夢を見て安心してた
  僕はデイ・ドリーム・ビリーバー 
  そんで 彼女はクイーン


 なぜ「そんで」なの? 「そんで」って、標準語なのかしら? なぜ「そして」って歌わないの? 「そんで」のほうが、センスがいいのでしょうか?
 という風に考えると、詰まるところ、清志郎はここにまるでノートに書いた落書きのように、自分の「印」を付けたとしか思えなくなってきます。そんなことないですか?

 いえ、清志郎も訳詞をしている時はきっと、ああでもないこうでもないとあれこれ考えたのだとは思いますが、最終的にこんな落書きのような「印」のような言葉で決定してしまうところに、……うーん、私は断定しがたいのですが、やはり、清志郎の魅力が、個性があるのかなぁと、まぁ、思います。

 昔、劇作家のつかこうへいが、ろくに個性のない俳優に限って個性個性と言っている、と述べていたのを思い出しました。そして、「てめえのは『個性』なんかじゃなくて、ただの『くせ』だ」と。

 ひょっとしたら清志郎は、「くせ」を「個性」にまで持っていくことのできた、やはり類い希な「個性的シンガー」だったのかも知れませんね。
 そしてあの声は確かに、この暑い夏に「一服の清涼」となるものでありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

肌なぶる風におどろく九月かな

kugatsu01.jpg




 もう、9月中旬になったんですか……。

 ……もう、残暑には驚きませんが、
 でも、閉口しますねー。

                              秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

「後世への最大遺物」とは何か(その4)

  『後世への最大遺物・デンマルク国の話』内村鑑三(岩波文庫)

 上記の本の読書報告の四回目になってしまいました。いくらとても面白い本でありましても、そろそろ終わりにしなければ、いつもながら顰蹙ものであります。
 がんばって終わらせます。

 さて、若き日の内村鑑三氏が、悲嘆を繰り返した後手に入れた考え方はこういうものでありました。整理して書いてみますね。

 まず内村青年はこう考えます。
 今まで挙げた「後世への最大遺物」は、実は「最大遺物」ではなかった。
 その理由は、まず、これは誰もが残すことの出来るものではないこと、次に、確かに有益なものではあるが、害も同時に伴っていること、の二点である。

 そして、このように続けます。原文を引用してみます。

 それならば最大遺物とは何であるか。私が考えてみますに人間が後世に遺すことのできる、ソウしてこれは誰にも遺すことのできるところの遺物で、利益ばかりがあって害のない遺物がある。それは何であるかならば「勇ましい高尚なる生涯」であると思います。これが本当の遺物ではないかと思う。他の遺物は誰にも遺すことのできる遺物ではないと思います。しかして高尚なる勇ましい生涯とは何であるかというと、私がここで申すまでもなく、諸君もわれわれも前から承知している生涯であります。すなわちこの世の中はこれはけっして悪魔が支配する世の中にあらずして、神が支配する世の中であるということを信ずることである。失望の世の中にあらずして、希望の世の中であることを信ずることである。この世の中は悲嘆の世の中でなくして、歓喜の世の中であるという考えをわれわれの生涯に実行して、その生涯を世の中への贈物としてこの世を去るということであります。その遺物は誰にも遺すことのできる遺物ではないかと思う。


 ……うーん、この辺の展開が、感動的といえば感動的であります。
 が、しかし、なんかいきなり闇夜で鼻を摘まれたようだとも感じちゃいますねぇ。

 ともあれ、この考えの基、内村青年は「勇ましい高尚な生涯」を送り、なるほど、後世に立派な名を残したのでありました。

 ……あのー、すみませんが、もしもお暇なら、この話題の第一回目に戻ってみてくださいませんかね。
 そうすると分かりますが、なんだか、「ねずみの嫁入り」、メーテルリンクの「青い鳥」みたいな話でありますね。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学