古いアメリカ映画を見た・その2

 以前に、映画の致命的な欠点は短すぎることだという「暴論」を、わたくし、吐きました。自分で言うのも何ですが、まー、「暴論」でしょーなー。例えばこれを、「短編小説の欠点は短すぎることだ」と言い換えれば、この論の無意味さ加減は際だって見えます。
 しかし私は、もう少ししつこく考えちゃうんですね。

 「短編小説の欠点は短すぎることだ」というテーゼの馬鹿馬鹿しさは、一方で長編小説があるからですね。長編小説があるからこそ、馬鹿馬鹿しいのなら長編小説を書くなり読むなりすりゃいいじゃないかという運びになるのであります。
 でも映画の場合は、いくら長い映画だといっても長編小説と比較すれば(そんな比較が可能としてですが)、やはり短いという言い方はほぼ妥当ですよね。だから、映画の欠点は短いことである、と。
 ……うーん、この理論、論理的な整合性がありますでしょうか。

 というわけで、今回見たアメリカの古い映画は『ダーティーハリー1』であります。
 なんだ、難しそうなことを言っておいて、娯楽アクション映画じゃないかとお思いの貴兄、いえ、誠にあいすみません。全くその通りであります。
 でも見ていて、この映画にどこか感じる「いびつさ」具合は、やはり映画が短いからだと私は感じたのであります。

 さて、この映画ももう40年以上も前の作品ですが、映画を見る限り、当時のサンフランシスコ警察も凶悪犯も、そしてキャラハン警部でさえも、おまぬけといいますか牧歌的といいますか、その行為はもっと悪い結果を招く可能性が考えられただろうというようなチョイスを次々に行い、しかしストーリーとしては全く「僥倖」としか言いようのない展開で「めでたし」に終わります、一応。

 でもこの都合の良さも、もう少しじっくり時間をかけて場面を作っていけば、何とかなる部分はあったかなと私は思い、そこで冒頭の「暴論」発言となったわけでありました。

 しかしまー、人ごとみたいに言いますが、私のようにそんな少々「ひねくれた」風に考える人間も世間にはいて、なかなかクリエイティブな仕事とは難しいものですね。

 ところで、この映画の中でとっても魅力的なシーンの一つに、キャラハン警部がハンバーガーをほおばりながらマグナムを撃つ場面があります。
 ハンバーガーを咀嚼しながら右手にマグナムをぶら下げて、大通りを渡っていくイーストウッドの、なんとかっこいいことか。

 そういえば、この間見た『卒業』では、家の玄関口でフライドポテトを口にするキャサリン・ロスがいましたが、あれもかわかいったですねー。
 うーん、何かを食べているシーンが好きだというのは、きっと私に何かコンプレックスがあるんでしょうね。
 どなたか、お教えいただければ幸いであります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術

古いアメリカ映画を見た

 わたくし、「古い日本映画を見る会」の一人会員でありまして、今までにも何度か本ブログにそういった駄文を綴ってきましたが、ある日ふと気づきました。
 別に、日本映画でなくてもよかろう、と。

 実際よく考えたら、私が若かりし日には、日本映画より洋画を中心に見ていたではないか、もっと言えば日本映画はどちらかといえば馬鹿にしていたではないか、と。(日本映画を馬鹿にしていたうんぬんは、もちろん若かりし日の私がひとえに愚かであったせいで、何ら日本映画のせいではありません、……と、思います。)

 ということで、早速『卒業』のDVDを見ました。
 なぜ『卒業』かというと、冒頭にあるように私は「古い日本映画を見る会」の一人会員であるんですが、同時に「古いロックンロールを聴く会」の一人会員でもあったりなんかして、ちょっと前にアマゾンでサイモン&ガーファンクルの古いCDを買ったばかりだったからです。

 ということで、『卒業』でありますが、うーん、キャサリン・ロスはやっぱりめっちゃかわいいやんけーという感想を得ました。
 
 次にミセス・ロビンソンですが、この女はかなり「悪者」やねという感想も得ました。この女の欲望が、2つの家族の崩壊と2人の未来ある若者を路頭に迷わせたのは確かであります。

 しかし、どーも私の若き日の記憶には、この方がそんなに「悪者」であったという印象がないんですね。ちょっと火遊びの度を超してしまったマダム、というくらいのイメージ。
 ……ふーむ、なぜなんでしょう。私は考えたのでありました。

 しばらく考えて、わかりましたね。
 なんだそんなことかと思ったのですが、初めてこの映画を見たときの私は、20歳のベンジャミンであったということです。

 主人公ベンジャミンは20歳の青年として作品に現れ、一週間後に21歳になる設定で、そしてその頃ミセス・ロビンソンと不倫の関係になります。
 彼が童貞を失うシーンは、実に穿って面白いです。

 作品の後半ベンジャミンは、ミセス・ロビンソンとの関係は全く無意味だと言いますが、童貞青年が熟女の手ほどきに従ってそれを失うという物語は、古来より世界に広く共同幻想のように分布する、実に「有意味」な「神話」であります。

 わたくし思うんですが、ベンジャミン青年は、人生の入り口で待ち伏せられていた「悪意」の塊のようなミセス・ロビンソンのことを、20年、30年、いえ50年後には、若き日の戦友のように、生死をかけた戦場を共に経験した親しみを込めて、きっと懐かしく思い出すに違いありません。
 それとも、こんな私の感想は、無意味なものでありましょうか。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術

咲き初むをおどろきて知る二月かな

sakisomu.jpg




 全くはやいもので……
 という言葉が、陳腐と感じるほどに
 四季の移り変わりには
 いつもおどろかされます

                              秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学