『スイートプールサイド』はいい映画ですね

 先日私は、私としては実に久しぶりに「新しい」映画作品を(DVDですが)、見ました。冒頭の映画、これは2014年に作られた映画ですね。

 原作は漫画作品で、原作・映画共にかなり「マニアック」な作品であります。
 しかし本当に「マニアック」かといえば、それはまー、カッコ付きの「マニアック」かなと思います。本当に本当のマニアックになると、たぶんそれはポピュラーな支持を広く受けにくいんじゃないかと思います。

 実はわたくし本映画をちょうど真ん中あたりで休憩し、前後半に分けて見ました。
 いえそれはたまたまなんですが、ちょうど休憩の真ん中で原作となった漫画を読んだのであります。

 原作漫画もとても面白かったです。
 ただ漫画は登場人物が中学生の設定であり、この設定が作品をコミカルなものにしていると同時に、10代前半の、人格としての未成熟さが感じられる展開となってマニア性はかなり欠けました。

 それを高校生の設定にしたのがこの映画でありまして、高校生にそのまま移したため少し違和感のある箇所もできたと同時に、その分マニア性は一気に開花しました。

 これは全く個人的な感想ですが、私は前半がかなり良いと思いました。
 ヒロインの体毛を剃髪するシーンに出てくる「処女森林」のようなイメージは、浪漫的でかつ重くなりすぎず(諧謔性もあって)、とてもよかったと思います。

 ただそんな前半のやや軽快かつマニアックな展開に後半が持ち切れず、「狂気」という少し別の分野のものを持ちこんでしまったように思います。
 もちろん狂気とマニア性は、現実には親和性あるフィールドでしょうが、そこを何となく繋いでしまうとオリジナリティにも瑕疵が生まれ、なによりマニアの「純粋性」が激減してしまいます。(と、私は思います。)

 ともあれ私は今回一連の作品を鑑賞し、まず現代日本の漫画メディアが持つ「懐の深さ」について、改めてはるかに深く広いものがあることを確認しました。
 原作の持つオリジナリティは素晴らしいですが、それは漫画メディアのキャパシティーとしてはたぶん想定される範囲のものでもあります。

 それにまして今回私が素晴らしく感じたのは、映画におけるマニアック作品に対する許容度についてです。
 もちろん映画にも、マニアな作品は古今数多くあったでしょうが、わたくしとしては、本作が久しぶりに身近にそれを感じられる一作でした。

 許容度とは「多様性」ということであり、少し大げさに言えば、これなしにはすべての物事・事象・存在は進化発展していきません。
 本映画を見た後私の心に残った満足感は、そんな許容度を確認できた満足感でありました。

 冒頭の記述からも分かるように、私は全く映画芸術に対する良質なシンパではありません。
 しかしそれでも、他人事ながら、そのジャンルがさらに発展していく「多様性」という予感を本作は感じさせてくれて、私は少し心温まる思いがしたのでありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

歯医者がこわい!

 先月の初めころ、車の運転をしながらガムをかんでいたら、突然歯の詰め物がポロリと取れました。
 あ……、と思わず声に出して、私は、とうとう来たかと思いました。
 実は少し前から、どうも歯の調子が良くないとなんとなく感じていたんですね。

 歯は、痛いとかの自覚症状がなくても定期的に検診に行かねばならないとは、いちおー、知っていたんですけれど。私の子供たちも、小さいころから女房が指示してそうしていましたし。
 歯以外の病気の場合は、もちろん病気の種類にもよるでしょうが、放っておいて自然治癒するものも少なからずあるが、虫歯は決して自然治癒しないなんてことも聞きます。

 でもねー、……でも、いやなんですよねー。コワいんですよねー。
 歯医者に行くことを想像しただけで、私は、自分が紛うことなき弱虫であることを自覚します。
 私は歯医者がこわい!
 だって小さかった頃、歯医者の治療がどれほど痛かったか、思い出すだけでほとんど眩暈がしそうであります。

 だから今まで、定期検診にもずっと行きませんでした。
 検診時期ですよーと、お知らせのはがきが来た時も、横目でちらりと見て知らんふりを決め込みました。
 でも一方で、いつかは歯医者に行かねばならないだろうという悪夢のような思いは持ち続けていました。そしてそれがやってきた時、私の歯は一体どうなっているだろうか、と。

 恐怖がさらに恐怖を生み出し、もう理屈とかそんなのは関係なし、とにかく歯医者には絶対に行きたくないという堅い真黒な感情の芯のようなものが、わが心中にはできていたのでありました。やれやれ。

 ……そして、冒頭の歯の詰め物ポロリ事件が起こったのでありますが、以下は、もはや述べるに足ることはあまりありません。

 私はあれだけ嫌がっていた歯医者に、一か月で8回ほど通い、詰め物を戻してもらい、歯石を取ってもらい、すべての歯のレントゲンを当てて分かった、まだ軽い程度ですんだ虫歯を治してもらい、その間、もちろん麻酔をしてのことであったからですが、これっぽっちも治療の痛みはありませんでした。

 しかし私は、今回のことで我がトラウマから解放されたかというと、ほとんどされていない自分に気づくのであります。
 私は、あの歯医者独特の患者椅子の上で治療を受けながら(客観的に言って、ちっとも痛くない治療を受けながら)、最後まで両手に持ったハンカチを引っ張り強張ったままでいました。

 月日が幾らたっても、肉体から離れないのは強烈な痛みの記憶であることを、この夏、よく考えれば情けなくも、わたくしはつくづく感じたのでありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村