別役実の文体マジック

  『満ち足りた人生』別役実(白水社)

 別役実のエッセイには一時期かなりはまりました。
 それは今振り返って思うに、実に実に独特なエッセイであり、まー、よーするに、わたくしのような屁理屈の好きなこじゃれた性格の読者が魅力を感じないではいられないような、まるで新興宗教の教祖様のお言葉のようなエッセイでありました。

 その魅力の説明はわたくしにとって、別役教祖様の霊力に少々不感症となった今でも十分客観的な分析ができるとは思えません。しかしこの度久しぶりに別役エッセイを読んだのでちょっと書いてみますが、おそらく書き出したらきりもまとまりもなくなりそうなので、今回は一つだけ別役マジックについての指摘をしてみたいと思っています。

 一つだけというのは、文体についてです。
 実はこれ一つだけでも魅力を分析できれば十分だと思いますが、さほどに別役エッセイの大きな眼目が文体であります。

 いくつか例を挙げるのがわかりやすいかと思いますが、どこを引用するかについてはなかなか迷うところです。そこで今回は分かりやすく、45個の断片(章)からなっている本書の、各章の冒頭部からだけ少し抜き出してみます。

  歩行

 言うまでもなく、人はまず這うことからはじめる。まれに、横にころがることからはじめるものもいないではないが、そしてこれも、移動という見地よりすればなかなか捨て難い方法であるが、将来性がないせいか、周囲の大人たちによってすぐ修正される。

  読書

 読書というものを、もし字を読むことができるならだが、一度はしてみてもいい。

  失語

 暴漢に鈍器で後頭部を殴打されれば、人はたいてい失語状態に陥るが、これはあまりお勧め出来ることではない。そうしてくれる暴漢がいないのではないものの、奴等は力を加減するということがないから、そこから恢復することが不可能になる場合があるのである。

 三つ抜き出しながらふーむと考えていたのですが、やはりなかなか説明が難しそうですね。で、ふっと連想したことがありました。
 それはかつて赤瀬川原平のエッセイを読んだときにその解説文にあった言葉で、別役エッセイと赤瀬川エッセイは、微妙にかぶるような異なるようなどちらもとても魅力的な文体を持つのですが、その解説文にはこう書いてありました。

 「いい加減な厳密主義」

 なるほど、評論家はさすがにうまく言いますね。赤瀬川文体の魅力の一端が見事につかめていると思います。そしてこの表現は、別役文体の魅力説明にも確かにかすっている感じがします。
 この説明に私があえて付け加えるならば、別役文体は、言葉を重ねることで無意味への嗜好がより強く感じられるように思います。
 この無意味=ナンセンスへの嗜好(=志向)は、もちろん別役氏の「本職」、不条理演劇と強くかかわるものだと思えます。(赤瀬川氏も「本職」はアンデパンダンの美術家でありますが。)

 無意味が無意味を生んで、はらはらしながらいつの間にかカラフルでシュールな仮想空間に迷い込んでしまう、そんな別役エッセイの文体。
 今回わたくしはそれを少し懐かしく読みましたが、同時に感じたのは、この万華鏡のような魅力をいつまでも感じ続けるには、読み手の側にこそいくつになっても不条理であったりアンデパンダンであったりする精神のアバンギャルド性が必要なのではないかという事でした。

 小説家の石川淳は、これを「精神の活動」と呼びましたね。
 これは大いに、自戒であります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

様々な技芸の世界の中で

 世の中には様々な分野の技芸世界に、玄人がいて素人・趣味人がいますね。
 それは玄人紛いの素人がひしめく分野もあれば、玄人と素人の間に実力差などという考えがまるでない一種不思議な分野もあり、一方玄人素人間の実力差が天地間ほどもある技芸世界もあります。

 例えば今第一に挙げた技芸世界は、具体的にどんなものでしょうか。感覚的にはこの世界が一番たくさんありそうな気もしますが、案外そうでもないのかも知れません。そりゃそうでしょ、玄人と素人の間の実力差がそんなにないのなら、それで食えるプロの世界にみんな行ってしまいませんか。そんなには玄人の実力はあなどれないはずです。

 というわけで第一技芸世界は、それなりにプロアマ間に実力差のあるジャンルという言い方に変えます。こう変えてしまうといわゆる普通の技芸の世界ですよね。具体的に書きますとスポーツやいろんな芸術芸能界(音楽・美術・芸能・文学・演劇など)がそうだなんて言い方はアバウトすぎますか。まぁ一応、この技芸世界が玄人素人関係の定点です。

 次に第二の技芸世界。これはいわゆる日本的な習い事の世界、お茶お華というやつですね。ただこの世界は、そもそも玄人の人数が極めて少なそうな世界ですね。何人もの玄人がいるという分野ではありません。勢い世襲なんかが行われて、結果的に極めて特殊な世界ながら一度プロになれば結構長持ちのする世界のような気もします。

 そして最後の技芸世界。実は今回のテーマはこれなのですが、この分野はずばり具体的に指摘できます。以下の話題にでてくる友人に教わりました。

   相撲と囲碁将棋の世界

 さてやたらとアプローチの長い持って回った書き方をしましたが、今回のテーマは、わたくし生まれて初めてプロ棋士に「指導対局」をしていただいたというお話しです。

 いえ、私は特に将棋を趣味にはしておらず(中学生の頃友人に一時期教わった程度)、最初は万一プロの方にあまりに下手すぎる将棋をなめているのかという心にあらぬ疑いを掛けられると大変だと固辞したのですが「そんなこと絶対にあらへんから」と友人に説得され、はっきり言ってかなりこわごわ場に臨んだのでありました。

 ……えーっと結果から申しますと、4枚のコマを落としていただいてもちろん当方が負けたのですが、とてもとても楽しいひとときをエスコートしていただいた、と。

 それは、極めて上手にお教えいただき、極めて上手にお褒めいただき、そして最後には例の、噂に違わぬ途中局面を完璧に再現し差し手そのまま辿り直していくという究極のプロ棋士ミラクルテクニックを、わたくしの指したきわめて拙い一局においても披露していただきました。

 ……終わって、友人と一杯飲みつつ一日を振り返りました。
 なるほど、これが玄人素人間の実力差が天地間ほどもある技芸世界ということか、と。
 それは決して圧倒的な強さを誇るのではなく(もちろん圧倒的に強いのですが)、私たち素人にその世界の最高の魅力の一端を味わわせてくれるキャパシティのことである、と。

 そこから私たちの連想はさらに飛躍していったのですが、ひょっとしてこれこそが永遠に父性的なるものの発現ではないのか、と。
 永遠に女性的なるものが私を導くとは確かゲーテの表現だったなどと、わたくしと友人とはアルコールの酩酊も加わって、今日のとても楽しい世界に遊ばせて貰った余韻にいよいよ浸り続ける、そんな「初体験」の一日でありました。
 ……うーん、よかった。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村