日盛りや 地に寝ころびて 芝の肌

DSCN4665copy02




 あー……づい、……づいづい、……
 ……と。……。
 こんなに暑いと、
 もー、
 なにもかんがえられませぬ……。
                    秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

しっかり書き込まれた金田一耕助デビュー作品

  『本陣殺人事件』横溝正史(角川文庫)

 横溝正史の金田一シリーズといえばもはや推理小説の古典になるんですよね、きっと。
 でも実は私は、推理小説についてはほとんど無教養状態であります。

 我が貧弱な読書遍歴を遡ってみますに、かつて私が厚顔の(美)少年だった頃、小学校の、今思い出せば結構小さくて蔵書もさほどなかった図書室で、ドリトル先生シリーズと一緒にルパンシリーズを借りて読んでいました。

 ルパンと並ぶホームズシリーズは、少し年長向けだったように思い出します。ホームズシリーズは今考えてもわかりますが、かなりルパンより知的ですよね。トリックが理詰めで大人向け的であります。

 しかし頭のアバウトな少年時の私には(今もアバウトな頭のままですが)、浪漫的で超人的でその分リアリティには少々欠けるルパンシリーズのほうがわくわくとおもしろかったんですね。

 その後私は大人になってから、ホームズシリーズを少しまとめて読みました。そして同時期に冒頭の金田一耕助シリーズも、こちらはかなりはまって読みました。当時の年賀状にそんなコメントを書いたのを覚えています。「これからは私のことを金田一中年と呼んでくれ」とかなんとか。

 さてそんな読書遍歴の、たぶん過去に2回は読んだ記憶のある本書です。
 本書は金田一耕助の記念すべきデビュー作だそうですが、そんなこともあってか、筆者がかなり気合を入れて書き込んでいるのを感じます。何を頑張って書き込んでいるかといえばトリックです。

 日本推理小説界に本格推理小説第一人者の呼び声高い横溝正史らしい、見事に人の意表を突く、かつ理詰めにきっちりと構成されたトリックです。

 で、……で、さて3回目本書を読んで、よくできた作品であるなーという感想は今回も獲得しましたが、それに加えてなんとなく私が感じたのは、本作品の「地味」さでありました。
 ……うーん、この地味さ加減はいったいどこから来るのでしょうか。

 わたくし少し考えたんですけれどね、でもそもそもが小学校当時からアバウトな造りの頭の上に、年をいたずらに重ねた結果様々な偏向がいっぱい掛かった考え方しかできなくなっているもので、……まー、そんな頭で考えたのですが、よーするに不自然さなんですね。

 不自然さ具合とは何かというと、犯罪動機の不自然さです。
 誤解を恐れずに言いますと、いかに本格推理小説第一人者の横溝作品とはいえ、やはり少なくない作品に動機の不自然さが感じられます。それはまー、仕方がないともいえるところで、でも優れた横溝作品にはその不自然さをものともしないエネルギーがあるんですね。

 それは、これもさらに誤解を恐れずに重ねて書きますと、不自然な犯罪動機にまるで無茶ぶりのような愛嬌が見えるところであります。
 それは呪いであったり怨念であったり血筋であったりそして伝説であったり、というこの無茶ぶりさこそが実は横溝推理作品の(そして金田一耕助の)愛嬌であり、最大の魅力の一つであると、私はそう思っているのであります。

 いえ、人は本当に、様々な愛する理由を考えるものですねー。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村