永遠に元気で、そして永遠に本物の安吾

  『堕落論』坂口安吾(新潮文庫)

 たぶん、今まで3回以上は読んでいると思うんですね。安吾のエッセイのたぐいはわりと好きですし。ただ、今までは、角川文庫で読んでいました。

 先日ブックオフに行ったら、105円で売っていました。新潮文庫版は、今まで読んだことがなかったので、買ってみました。
 でも、何というかー、えー、ちょっとこの本、編集があまりよくないような気がします。
 まとまりがないです。ひょっとしたら編者はわざとバラバラな文章を載せて、安吾の作品の幅みたいなものを分からせようとしたのかも知れませんが、うーん、こんな編集はどうなんでしょうかねー。
 僕としては、もう少し、テーマを絞った方がいいと思うんですがね。

 読み終えまして、安吾は相変わらずの安吾でした。
 本物なんだろうけれど、相変わらず少し荒っぽいです。

 本当に必要なら、金閣寺をぶっ潰してバス停を造ればいいとは『日本文化史観』の一節ですが、そしてそれはきっとその通りなんでしょうけれども、でもその通りにやっていたら、人間は生涯落ち着くところというものを持つことができません。
 もっとも、それこそが安吾の主張であったのかも知れませんが。

 ともあれ永遠に安吾は元気で、一方読むほうの僕はかなりガタが来はじめていて、ついていくのに少し疲れる主張に、なんというか、少し寂しさを覚えました。はい。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)