「我が青春の京都」

 (僕は今、兵庫県に住んでいます。京都府にご在住の方は、そんな他府県人が外にもたくさんいるだろうと、微笑ましくお読みいただければなぁと思っております。)

 これも、今となっては昔、息子がまだ大学に入り立ての頃の話です。

 息子が土曜日の夜に、「お父さん、金閣寺にはどう行けばいい?」と聞いてきました。
 日曜日、京都でデートらしいんですね。
 「息子が京都で彼女とデート」
 んー、なんていうか、一種の感慨がありましたね。

 それは何かというと、まず我が半生を振り返ってみるに、僕にとって「青春」という時期はたぶん大学に入学してから始まったんじゃないかという気持ちが強くするということなんですね。中学校・高校時代もあったじゃないかとも思いますが、そのあたりは、あれこれ事情がありまして、要するにあまり主体的に「青春」していた感じがありませんでした。
 だから僕にとって、自分が若かった頃ということで一番にイメージする時代は、大学時代だということになったわけです。

 今更言うまでもありませんが、大学時代はやはり楽しかったですね。
 お酒と麻雀と、そして夜中にも関わらぬ大声での議論であります。
 まずあの頃は、お酒を呑むと言うことは、吐くことと同義語でした。みんなが律儀に順番に吐いていくといった感じでした。麻雀もよくやりました。そして議論は、文学論。

 甘っちょろい文学青年ですよねー。天下国家を語るように文学とは何かを語るのが、とても楽しかったし、充実しているように感じていたんですねー。
 今になって思い出してみると、そんなありふれてもいましょうが、絵に描いたような青春時代でした。そして、その背景にあったのが、学生街・京都でした。

 僕にとってそんな思いの京都の街に、この度は息子が彼女とデートに行く。
 んー、客観的に見ると、いよいよ選手交代なんだなーという感じがしますが、いや、まだまだ息子には負けない(って、別に何かを競っているわけではないんですがー)というわけのわからない感情と共に、土曜日の夜は、京都のデート・スポットを息子に教えました。

 しかし、よく考えてみれば、僕の知っている京都のデート・スポットとは、すでに四半世紀以上も前のものでありまして、あんな知識が今時役に立つんでしょうか。
 いえ、まぁそれで息子が彼女から笑われたら、それはそれで、ザマーミロであります。

 ということで日曜日の夕方、帰ってきた息子に、どこに行ったのかと尋ねると、金閣寺に行っただけだと答えました。
 まぁ、家を出た時刻も遅かったようですが、よく考えれば、きゃつらにとっては、どこに行っても、あるいはどこにも行かず、単にぶらぶら歩いているだけでも、きっとそれなりに楽しいんでしょうね。そんな頃なんでしょうね。

 うーん、なんというか、うらやましいような、その無知が愚かしいような、うーん、困ったものです。(別に困らへんって。)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)