鼠蹊部筋肉痛顛末

 先週末、女房に家の周りの「犬走り」に苔が広がって久しいから、デッキブラシで取ってくれと言われました。
 「犬走り」って知っていますか、家の周りに敷くコンクリートのことですね。
 そこを犬が走り回るって言う寸法ですねこれは。

 で、しゃーなしに、ホースで水を出しながらデッキブラシで犬走りをごしごししました。
 エライもので、我が家は築十年あたりですが、苔が黒っぽくずーと一面に、そんなにびっしりではありませんが付いているんですね。

 で、デッキブラシでごしごしすると、なるほど取れました。取れた後は、うーんなるほど、とってもきれいです。で、さらにごしごし。

 しかしこのー、なんといいましょうか、兎小屋のごとき狭い我が家ではありますが、家の周りというのは不思議に4面というか4辺もあるんですね。四角形だからなんですねー。不思議ですねー。

 するとさらにこれがまた、狭いながらもなかなかけっこうな面積を持っております。ウソではありません。なかなかに広いものがあります。狭いが広い、広いが狭いと、『マクベス』の魔女のようなことをいいながら、デッキブラシごしごし。

 はい。しっかり筋肉痛ですわ。というか、関節部が痛いのは、これは加齢・老化のせいですかね。
 鼠蹊部、つまり「お股」んところがとっても痛いんですがー。こういうところが痛いと、歩き方がとてもぎごちないんですね。
 ひょこひょこと生後1年半くらいの幼児の如く歩いております。情けなーー。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

Re: 猫走り

 お夕さん、コメント有り難うございます。
 そういえば、「犬走り(猫走り)」に、時々、動物の足跡らしきものが付いていたりしますよね。
 あれって、せっかく丹精して「犬走り」のコンクリートを塗った人は悔しいでしょうが、どこか、人と動物との関わりがほの見えるようで、楽しいですね。

 花冷えですかね、まだちょっと寒い日が続いています。
 御自愛下さい。

猫走り

秀水さま、夜分お邪魔いたします。
その後お加減いかがですか?
家の周り……確かに犬走りといいますね。
子供の頃、犬走りに猫の足跡が付いていて、「なんて重い猫がいるんだ!」
と本気でビックリしたことを思い出しました。
何のことはない、生乾きのコンクリートの上を、野良猫が足跡を付けていったんですがね。
今思うと猫走りだったんですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)