『老いを創める』日野原重明(朝日文庫)

 こんどのわたしの誕生日に、わたしはいよいよ逝くだろう、
 わたしは 身近に友らを求める――
 彼らの手のやさしい感触のうちに
 世界の究極の愛のうちに
 わたしは 人生最上の恵みをたずさえて行こう、
 人間の最後の祝福をたずさえて行こう。
 今日 わたしの頭陀袋は空っぽだ――
 与えるべきすべてを
 私は与えつくした
 その返礼に もしなにがしかのものが――
 いくらかの愛と いくらかの赦しが得られるなら、
 わたしは それらのものをたずさえて行こう――
 終焉の無言の祝祭へと
 渡し舟を漕ぎ出すときに。
                   (『タゴール著作集』第二巻「詩集Ⅱ」)

 われ山に向けて目をあぐ、わが助けはいずこより来るか。
                   (『旧約聖書』「詩編百二十一篇」)

 修行者たちよ、苦悩についての神聖な心理というのは……
 この世に生まれることは苦悩であり、年をとることも苦悩である。病気は苦悩であり、死は苦悩である。
                   (『仏教入門』岩本裕)

 神よ、変えることのできないものについては、それを受け容れるだけの心の落ち着きを与え給え。
 変えることのできるものについては、それを変えるだけの勇気を与え給え。
 そして、変えることのできるものと、できないものとを見分ける知恵を授け給え。
                   (『終末論的考察』大木英夫)


   -------------------------

 年を取ってきたせいでしょうかね。こういった言葉を読むと、やたらと感心してしまいます。
 この本には、上記のような警句・箴言があふれています。そして読んでいて、すぐ感心してしまうんですね。

 昔はこうじゃありませんでしたね。この手の、何というか、いかにもエピグラムめいた断章にはかえって嫌悪感のようなものを抱き、「騙されまいぞ」と思ったものです。やはり年を取ったせいでしょうかね。

 少し前は、小さな子どもが不幸になる話に、とても耐えられませんでした。『火垂るの墓』なんて、もーダメでしたね。
 もちろん今でも、子供達は数少ない人類の希望だとは思っているんですが、ちょっと興味の重心が、いわゆる「老い」とか「死」とかに移ってきています。「火急」のことがらなんですかね。

 だから、この本は、面白かったと言えば面白かったんですが、一方で、失礼ながら、このような本をあまり面白がっていてはいけないのではないだろーか、とも。
 上記の「とんがった」部分が、まだ必要なんではないか、と。
 それが無くなりつつあるのならば、うーん、少し困ったものであるような、ないような……。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)