『バッハ・無伴奏チェロ全集』の話

 これは、僕の友人R氏から聞いた話です。
 体調を崩していたR氏の奥様が、しばらく仕事をやめておりました。

 それとバッハがどう関係するかというと、R氏の奥様が家で休んでいる間、ロストロポービッチの「無伴奏チェロ」をBGMで聴いていた、という話なんですがね。

 R氏の話によると、えらいモンで、休み始めの頃、つまりかなりしんどかった時は、奥様はBGMを聴かないんですね。R氏が適当な音楽をかけていても、まー何となく聴いてはいるんですが、CDが終わったらそれっきり。そんな時期が始めにありまして、何ヶ月か後にやっと自分でBGMを聴き始めたそうです。その時聴いていたのが、モーツァルトのピアノソナタ。ピリスの演奏でした。
 そしてさらに一月ほどして、バッハの「無伴奏チェロ」です。

 そもそも、休み中に彼女が読んでいた本に、ロストロポービッチという名前が出てきて、R氏に、この人を知っているか、うちにこの人のCDはあるかと尋ねたところから、聴き出すようになったんですね。

 R氏も、これはヨーヨー・マでしたか、ネットで「赤ちゃん夜泣きにヨーヨー・マ」ってのを読んだんですね。「無伴奏チェロ」は、赤ん坊の気持ちが落ち着くって話です。
 しかし夜泣きする赤ちゃんが、ヨーヨーマのチェロ演奏を聴いていると泣きやむそうですから、えらいモンですねー。

 その後、彼女が仕事を再開する際に、「無伴奏チェロ」は精神安定によい、とR氏が言ったからかどうか、このCDを職場に持っていっていいかと聞くので、もちろんR氏はオーケーしました。

 ところがそうすると、はて、R氏の手元にバッハの「無伴奏チェロ」がなくなってしまいました。そこでCD屋さんに行って探してみると、ビルスマのがあったんですね。ついでにヨーヨー・マもありましたので、いきなり「豪儀な」2セットの「無伴奏…」をR氏は買ってしまいました。

 というわけで「赤ちゃん夜泣きにヨーヨーマ、ぼんやり不安に無伴奏」であります。
 じわーと、温泉のように聴いて(効いて)いるそうであります。

 (その後、ロストロポービッチの「無伴奏…」を、R氏はもう1セット買って、手元に置いているそうであります。)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

Re: いい音色です

 お夕さん、コメント有り難うございます。
 チェロの音色は、なるほど男声に近いんですか。面白いですね。

 ビオラも、おっしゃるとおり、じみな感じはしますが、良い楽器ですよね。
 ビオラ奏者によると、とてもヴァイオリン奏者にはわからないような渋い面白さがあると、僕も何かで読みました。

 ただ、ソロの演奏は、僕も寡聞にして知りませんが、何かありそうな気もするんですが、どうなんでしょうね。また、お教え下さい。

いい音色です

秀水さま、おはようございます。

チェロの音色は人間の男声に一番近い…と言われていますので落ち着くのでしょうか。
私もチェロの音色は好きです。

高校の時「ビオラ」を少しかじったんですが、ビオラの音色もいいですよ。
女声のアルトといった感じでしょうか。
ただ、ビオラは地味ですし、CD化もあまりされてませんですけどね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)