一つとる素手のうれしきプチとまと

SDプチトマト




 この俳句は去年作ったのですが、できた時は、これはいい句じゃないかと思ってしまい、ちょっと嬉しかったです。
 僕には、こういった「可愛らしい」句に対する嗜好がありますが、なかなか背筋の伸びた可愛らしい句は出来ないものですね。

 この句も、今見たら、まーまー程度かな、と。
 うーむ。
                               秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

コメント

Re: No title

 南亭さん、コメントありがとうございます。
 旬の野菜などがうまく詠めた時、俳句はやはり季節を読む文芸なんだなぁと強く思います。
 お褒めいただきまして本当にうれしいです。ありがとうございました。

No title

こんにちは。
ひさしぶりに書の俳句を見せていただきました。
いいものですねえ。
句も「素手のうれしき」が利いていて、
これは(プチとまと)でなければならぬなあ、
と合点しています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)