マエストロのエピソードがとっても楽しい

  『疾風怒濤のクラシック案内』宮本文昭(アスキー新書)

 ブルックナーの交響曲が好きなもので、わりとしょっちゅう聴いています。
 一方、ブルックナーが得意な指揮者がやはりいらっしゃいまして、その方たちの「名盤」といわれるCDをよく聴いて、自然とそんな方の「ファン」になったりします。
 例えば、チェリビダッケとかヨッフムとかいう指揮者の方たちです。

 さて、上記の本を読みました。
 こういう「名曲案内」の本は結構たくさん出版されていますが、私も目に付くままに結構読みます。
 別にこの本が一連のそんな中で、圧倒的に「名著」というわけではありません(たぶん)。
 「大同小異」と言えばそうなんでしょうが、いかんせんクラシック音楽になんとなーく触れている時間が長いとうれしいという性分なもので、ぼんやり楽しく読んでいます。

 ただ本書が少し違うのは、筆者が元オーボエ奏者で、ドイツに留学後いくつかのオーケストラの首席オーボエ奏者をなさったことで、そのオーケストラの一つにケルン放送交響楽団という団体があったりします。

 さてここまで読んで、なるほどね、そうつなぐかと思われた方は、まー、「通」……ってほどでもないですか、クラシック・マニアにとっては常識ですかね。(私自身は、マニアでも通でもないんですがー。)

 私も、最初に著者略歴を読みまして、どこかで触れられるかなと読んでいましたら、やはり出てきました。
 マエストロ・ギュンター・ヴァント「大指揮者」であります。

 この方もブルックナーを得意となさっていた指揮者(第一級の!)で、私も「大ファン」であります。
 彼のいろんなエピソードが書いてあってとてもうれしかったのですが、一つだけ紹介しますね。直接抜き出してみます。

 重要なソロの出番が多いので、オーボエとホルンは大切にされます。かなり手厚くしてもらえます。
 たとえば、指揮者のギュンター・ヴァント氏なんて、弦楽器との合奏のときに、
 "Strings! And my dear winds!"
 と呼びかけていました(実際はドイツ語です)。管楽器(winds)でソロを吹く人たちに向かっては、かなり気を使っているんですね。
 それから、マーラーをやっているときは、
「オーボエは神の啓示だから、みなさん、心して聴いて伴奏してあげなさい」
 なんて言い方をする指揮者もいました。


 ふーん、そうなんだー。
 自分では楽器演奏をせず鑑賞一辺倒なものだから、こんなちょっとしたことを知らないんですね、私は。
 だからこんなエピソードを読むとうれしく、この本はそんなお話がたくさん書いてある、とっても楽しい名曲案内でありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

No title

ごめんなさい。
たしかに聖フローリアン・マリモアザールでの鐘の音は7番でした。
5番はシカゴを振った演奏にも感銘を受けたので、相当に混同していたようです。
すこし酒を控えなくては(苦笑)。

No title

 >南亭さん、コメントありがとうございます。

 南亭さんもブルックナー、お好きそうですね。ブルックナーって、なんとも不思議な魅力ある作曲家ですよね。あんな音の滝のような音楽が、なぜかとても引きつけてくれます。
 また、ファンの圧倒的多数が男性というのも、とても面白いですよね。

 それから、南亭さんが触れられていました朝比奈隆の盤ですが、間違っていたらすみませんが、聖フローリアンで振った奴でしょうか、それなら7番だったように思いますが、それとは別のですかね。



 >お夕さん、コメントありがとうございます。

 ヴィオラを演奏なさるんですね。凄いですね。
 ヴィオラって、とっても玄人好みの楽器とどこかでお聞きしたんですが、とってもかっこいいですよね。
 現在はヨーロッパにお住みでしょうが、日本には有名なヴィオラ奏者・今井信子さんという方がいらっしゃいますね。皇太子もお弾きのようですし、すばらしい楽器チョイスだと思いますよ。
 現在でもお弾きなんですか。もしそうであるなら、おおいにがんばってくださいね。

No title

ご無沙汰しておりました。
オーボエとホルンと言えば、高校の時の同級生が苦労していたことを思い出します。
どちらもかなり難しい楽器のようです。(私はやったことないんで)

オーボエは音を出すだけでも大変そうで、(世界で一番難しい木管楽器だとも言われているようです)今でも彼女の必死の真っ赤な顔を思い出します。

ホルンは音程を正しく出すのが難しそうで、よくオケ練習で指揮者から注意を受けてましたね。彼のソロになると、みんな緊張してました。

私は、その他大勢派の地味なビオラだったんで気楽でしたが……。

No title

待ってました。ブルックナー!(失礼)。
それにしても秀水さんの読書量の凄さ!多分私は一千分の一にも及ばないだろうと概嘆しています。軽々しくものを言うべきではないと、戒めています。
それを承知の上で・・・。
チェリビダッケはN響を振った8番が印象的でした。
もうひとつは、ヨーロッパ公演の朝比奈隆による5番に感動しました。
第2楽章に入ってまもなく、寺院の鐘が不自然ではなく拾われていたのです。偶然なのですが、思わず敬虔な気持ちになりました。
同じ5番ではルドルフ・ケンぺの演奏が思わぬ収穫でした。
ヨッフムはテキストとして全曲揃えています。
他にミサ曲、オルガン曲、弦楽五重奏、など狂ったように蒐集したものです。
ブルックナーのこととなると夜がふけます。このあたりで・・・。
浅学、お許しを。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)