なぜブルックナーは感動するのか。

 今月初旬の話ですが、クラシック音楽のコンサートに行って来ました。
 メインのプログラムは、「ブルックナー・交響曲第7番」であります。

 オーケストラの紹介とかにつきましては、私などは元もと音楽については好き勝手に聴いているだけで見識もなければポリシーもなく、また細かなところを聴き分ける耳も持っていないという、ないないづくしで聴いているものですから、細かな情報はパスします。
 なに、パスしたところで困るような、そんな「通」のお話ではまるでありません。

 そもそも交響曲が好きなもので、もちろん交響曲はクラシック音楽の花ですから、多くの方が同じであろう思いますが、そんな中でも、私のフェイバレットのブルックナーであります。

 しかし、ブルックナーをライブで聴く機会というのは、案外に少ないものですね。
 ほとんど無いとまでは言いませんが、まー、中程度にしかないような気がするんですが、そんなことないですかね。

 ブルックナーの作った交響曲全部をライブで全て聴きたいものだと思っているのですが、いかんせんなかなかバランス良くコンサートのプログラムに入ってきません。
 仕方がないのでライブのコンプリートはともかくとして、出会った曲をぽつぽつと聴いてきて、今回7番も、ライブでは初めて聴きました。

 7番と言えば、ブルックナーがこの曲を作曲中ワーグナーが亡くなったということで、追悼の意も込めたワーグナーチューバの使用ですね。2.4楽章でやってました。

 ところで、あのワーグナーチューバの吹いているポジション、なんか変で、音が、管の中をぐるぐる回ってちょうど正面から見て演奏者の頭の左側に、ラッパの口が開いているんですね。
 今回、4人のワーグナーチューバ演奏者がいましたが(1.3楽章はホルンに持ち替え)、その4人の左側に普通のチューバ奏者がいまして、その間に透明なアクリル板のようなものが、脚をつけて立っておりました。
 なるほどねー、耳の真横であんな大きな音がしていたらたまりませんものねー。
 しかし、ワーグナーチューバの奏者同士はそんなことないのでしょうかね。一番右端の人ならいいでしょうが、それ以外の3名についてはやはりそれぞれ耳の真横で音がするんですがねー。
 そんな風に考えていくと、管楽器演奏者というのも大変ですね。難聴は職業病と言いますものね。

 しかし、このコンサートはなかなか良かったです。ブルックナーは、やはり盛り上がりますねー。
 なぜ盛り上がるかと言いますと、今回でも、この一曲だけで75分です。
 終盤になってくると演奏者も大変だろうけれど、あんな狭い椅子にずっと座らされている観客も結構大変なわけで、腰痛持ちの私などは、狭い椅子の中でビミョーに姿勢を少しずつ変えながら聴いています。大変です。

 そんな演奏者の大変と、観客の大変が一緒になって、カタストロフに向かってお互い固い共同感覚・団結意識が生まれます。そして、あの、耳も砕けよと鳴り響く金管楽器の集団催眠のような効果の中で、75分が終わったとき、もー、わーーーーーっと、拍手の嵐ですわ。やっと、終わったーーーーっっっ!!

 ……やー、ブルックナーは、やはりええですなー。
 ……観客も2/3くらいはオッサンばっかしですしー。

 と言うことで、感動的なコンサートでした。
 また次もブルックナーを探したいと思います。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

Re: No title

 南亭さん、コメント有り難うございます。
 ブルックナー、いいですよねー。
 ところで、先日僕は、ブルックナーのCDを買ったのですが、とても不思議な感覚を経験しました。
 その話は、また後日、拙ブログに書きたいと思っています。

No title

こんばんは。
釣り糸の先にブルックナーを付けると、難なくNANTEIがかかります(笑)。
7番のコンサートですか。いいですねえ。
小生はここ数年、演奏会にはとんとご無沙汰です。
そういえば都会にもめったに出ず、農夫の匂いが染みついてきました。
これはいかん!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)