学生オペラ歌手の実力や如何に

 ある芸術系大学のオペラを、先日見てきました。
 以前その大学の文化行事の招待券を貰って見に行って以来、なかなか面白かったものだから時々ホームページを覗いていて、それで知りました。学生による舞台です。

 そもそも芸大学生によるオペラというものは、どの程度に芸術性があるのでしょうかね。なかなか一概には言えないものでありましょうが、今日の公演の帰りにこんな風に考えていました。

 まず楽団、つまりオーケストラについて考えてみます。しかし、比べるといってもウィーン・フィルとかベルリン・フィルとかと比べるのはいくら何でも酷というものだろうから、とりあえず国内の一応プロのオケを比較の基準としてみます。

 野球に例えて考えてみると、オーケストラについては、まぁ、プロ野球と実業団チームくらいの違いでしょうかね。個人的にはなかなか聴ける感じがしました。

 しかし「オペラ歌手」について。これはちょっと実力差が歴然という感じがしましたね。
 プロ野球と高校野球くらいかもしれませんね。いや、もう少し差があるかも知れません。
 「一生懸命のプレーですから、エラーは仕方ありません」という、高校野球のアナウンスの、あの感じですかね。

 そう言えばモーツァルトほどでなくとも、ピアノやバイオリンの神童というのはよく耳しますが、歌唱の天才少年(少女)ってのはあまり聞きませんね。(特に少年は、変声期という大きな「試練」がありますから。)それこそ美空ひばりくらいなモンですかね。

 学校唱歌みたいな曲を単純に歌うだけならともかく、オペラとなると、表現力とか説得力なんかにやはりキャリアが必要になってくるんでしょうね。
 と、まぁ、そんな風に考えていたのですが、でもなかなか面白かったです。

 また、今回のオペラでは、日本語翻訳の歌を歌っていましたが、でも思っていたよりも違和感は感じなかったです。
 そもそも歌詞なんてものは日本語であっても、一度聞いたくらいでは隅々まで分かるものではありませんので、ドイツ語イタリア語の場合とかなり似通った感じで聴けたんじゃないかなと、「瓢箪から駒」に思いました。

 小林秀雄は『モーツァルト』の中で、木管も声帯も同じだと、かなり極端なことを書いていましたが、いくらなんでもそこまではいい過ぎとしても、音としてのすばらしさだけでかなりいいんでしょうね。

 しかし本当は、今回のオペラについて、何よりこっそりすばらしかったのは、料金が全席自由席で「激安」だったことにあります。おかげで僕は、前から十列目あたりのど真ん中で見ていました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

Re: No title

 南亭さん、いつも丁寧なコメント有り難うございます。
 この秋は、半年ほど前に買った二つのオーケストラの定期演奏会の通し券があったり、ちょっと日本の古典芸能に興味を持ったりして(今までまるでそんな物は知りませんでした)、そんなこんなで週末はわりと充実した感じになってます。
 先日は、作家の村上春樹の小説についての講演に行き(村上春樹自身の講演会ではありません)、おかげで現在は村上春樹の最新刊の長ーーい小説を読みつつ、ヤナーチェックを聴いています。(小説中に出てきます。)
 ヤナーチェックとかスメタナとかのチェコの作曲家って、なんかとっても哀愁漂う日本の演歌みたいな感じがしますね。

No title

先日は失礼しました。小生は全てが付け刃というコンプレックスがあるので、痛いところを突かれたと、うろたえたのであります(苦笑)。ブログの世界にも知的に恐ろしい方がたくさんいらっしゃいますので、だんだん小声になります(笑)。
まあそんなわけで、すみません。
それはそうと、これからコンサートの予定が楽しそうですね。皮きりに学生オペラとは面白い。小生は素人の(例えば中学生のタンホイザーなど)演奏を聴くと、上手い下手は別にして涙腺がだらしなくなるのです。つれあいに言わせると、軽い老人性ナントカだと笑うのですが・・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)