極月の服喪の便り増えにけり

服喪便り句入り




 まぁ、人生のそんな時期ですかねー。

 いつだったか(どの作品だったか)「フーテンの寅さん」が、人生の「順送り」について述べていたシーンがありましたが、まさに少しずつ端に詰められて詰められて、「すとん」と落ちる。

 今はむしろ、この「すとん」の方が大変なのかもしれませんが……。

                                   秀水


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)