のび太くんから出来杉くんまで

  『子どもがニートになったなら』玄田有史・小杉礼子(生活人新書)

 上記新書の読書報告の後半であります。
 前々回は、この本の第一刷発行年度が、2005年であるという、その数値について、社会科学分野の資料としては、ビミョーなところにあるということを言うつもりが、あっちに行ったりこっちに行ったりして、なんかよくわかんないな、というところで投げ出してしまいました。
 (まー、わたくしにはよくあることであります。)

 さて、筆者の一人、小杉礼子さんという方ですが、たぶんこの方は、日本で最初に「ニート」という言葉を紹介した人でありましょう。
 同じく著者の玄田有史氏は、この小杉さんと一緒に、そんな研究をしていた人であります。

 この本の内容は、始めに「ニート」の実態と経過報告みたいな部分があって、残り2/3くらいが「対談」です。以前にも触れたことがありますが、私はおよそ「対談」というものを読んで感心したことがありません。お互いを褒めあって、お茶を濁して、はい、おしまい、という印象が抜け切れません。

 しかし、この本の対談は、わりと面白かったです。小杉・玄田両氏が順番に社会学者やジャーナリスト、カウンセラー、教師、精神科医などと対談をしています。いろんな角度からの現状分析があって、とても面白かったです。

 読みながら、この本の内容がなぜ面白いのかということを考えたのですが、それはやはりタイトルにあるように「ニート」の子を持ってしまった親向けという基本的コンセプトがよかったんだと思います。
 つまり、いろいろアドバイスはしつつも、基本的に「ニート」ならびにその親を責めない、というスタンスですね。

 そもそも何事についてもそうですが、ある一つの対象をいったん「責めよう」と思えば、大概のことは言えるものです。ましてや、いまだに誤解されることの多い「ニート」ですから。
 本の中で、「ニート」に関わっている精神科医がこんなことを言っています。

 「ひきこもりやニートのことをよく知らないで、独断的な批判をしている人は黙っていてくれ、関心を持つな。関心を持つのであればちゃんと理解してくれ。」

 全くその通りだと、私は思うものであります。

 もう一つ、カウンセラーが面白いことを言っていました。
 
 「ニートの問題で言うと、私が最近、すごく大きな変化があると思うのは、就職のためのセミナーを呼びかけると、以前は対人関係に対してすごく弱い子たちが多く集まっていたのです。ジャイアンとスネ夫とのび太だったら、のび太が集まるわけです。ところがこの二年ぐらいは、スネ夫、ジャイアン、出来杉くんも来るのです。」

 こういった現状を、社会問題と捉えないのならば(個人の「自己責任」であるという捉え方に固執するのならば)、いったいどこに社会問題というものがありましょうや。

 そして、このような時代を作ったのは、このような若者を作ったのは、間違いなく「大人」の世代であり、そして「大人」とは、誰のことでもない私自身・あなた自身であるのだと思うことなく、この問題に興味を持つことはするまいと、私は改めて思う次第でありました。
 (うーん、わたしって、少し、えらい。)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)