打楽器に古典音楽の未来を見る

 先日私は、家の近所にある音楽ホールに「パーカッション・アンサンブル」を聴いてきました。

 なぜ「パーカッション・アンサンブル」かというと、少し前に、私は地域の学校の音楽会でマリンバの演奏を聴きまして、それがなかなか記憶に残っていたもので(その後パーカッションのCDなんかも買ってみたのですが、それはどうももう一つぴんと来ず)、そこでもう一度ライブで試してみようと、まー、そんな切っ掛けですね。

 で、パーカッションの音楽会ですが、それはそれはとても楽しかったです。
 そして私は、楽しく鑑賞しながら、少し前から思っていた事柄に一定の「結論」を得ることが出来ました。

 それは何かと申しますと、いえなに、全然たいした話ではないんですが、あるいは一般的には「常識」になっていることでしょうか、そのあたりの音楽的知識が全くないもので、感覚でしか言えないんですが。
 よーするに、20世紀の音楽あたりから、交響曲の中で打楽器セクションはとっても忙しくなったんじゃないか、ということです。
 どうですか。合っていますか。

 今回の演奏を聴いていて思った、パーカッションの特徴(長所?)をちょっと書いてみますね。

 (1)音色がユーモラスで、カラフルで、かつ素朴。
 (2)演奏者の動作がビジュアルに面白い。


 どうですか、この二つの特徴は、いかにもポップな二十世紀以降の音楽に打ってつけではありませんか。

 それに加えて、そもそも遡って考えれば、何かを叩くと大概何かの音がするというのは恐ろしいほどの素朴さでありながら、それをもって音楽の重要構成要素とするという発想は、複雑かつ難解な20世紀以降の時代の中で、思わぬ窓を開いて爽やかな風が流れ込んだようであります。

 クラシック音楽というジャンルが、「瀕死」と言われてたぶん久しくなっていますが、この度、そんなパーカッションのきわめて現代的な曲を聴いて、そういえばクラシック音楽とは、長い歴史の中で、様々な時代の様々な地域の音楽を、大きな口で飲み込むようにどん欲に咀嚼・吸収していったものであることを思い出しました。

 普段はクラシック音楽の寿命について、もはや尽きかけていると思うことの多い私でありますが、なんのまだまだ若々しくバイタリティあふれるその姿を体験し、少し、いえ、かなり、嬉しく思った次第であります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)