幸せな高校生の話

  『おおきなかぶ、むずかしいアボガド』村上春樹(マガジンハウス)

 上記のエッセイ集の読書報告の後編です。
 前々回に書いていたのは、どうすればこんな上手な文章が書けるかと言うことでありました。
 なに、答えは簡単です。

  「よい食材、優れた料理法、そしてたっぷりの愛情」

 何をふざけているのかと叱られそうですが、だって村上氏がそんな風なことを書いているのですもの。
 でも、本書にはさらに「よい食材」の見つけ方、「優れた料理法」の仕方、そして「愛情」の込め方についても、書かれてありました。

 「おまえの能書きはもう十分だから早くそれを書け」と苛立ち気味の貴兄、お気持ちはよく分かります。
 では、書いてみましょう。(って、村上春樹の文章なんですがー。)

 十代の頃は本がなにより好きだった。学校の図書館に箱入りの新刊が入ると、司書の女性に頼んで不要の空き箱をもらい、その匂いをただくんくん嗅いでいた。それだけで幸福だった。そこまでマニアックに書物に惹かれていた。
 もちろん匂いを嗅ぐだけではなく、読むこともよく読んだ。紙に活字が印刷してあれば、ほとんど何だって手にとって読んだ。各種の文学全集を片端から読破した。中学高校時代を通して、僕よりたくさん本を読む人に巡り会ったことがない。


 以上です。

 ……、これだけ? とお思いの貴兄、あなたは何をお求めなんでしょうか。
 これ以外に、優れた文章の書き方が書かれてある文章は、私は読んだことがありません。

 でも、真面目な話として、上記のお話の最後には、さらにこんな一文がしみじみと書かれてあります。「ノウハウ」なんてものが、所詮最重要なものではないことがよくわかる一文であります。

 そういえば僕も高校生の頃は目をきらきらさせて、時間が経つのも忘れて本を読んでいたな、と思い出した。
 高校時代には、自分が小説家になるなんて考えてもなかった。自分にいつかまっとうな文章がかけるなんて思いもしなかった。ただ本を読んでいるだけで幸福だった。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)