思いがけないタフなファンタジー

  『星の王子さま』サン=テグジュペリ(新潮文庫)

 確かむかーし、この本を女の子の誕生日プレゼントに送ったような覚えがあるんですがー、錯覚かしら。

 「ラ・プチ・プランス」。
 「プチ」は「小さい」。「プチ家出」なんかの「プチ」ですね。「ペチコート」なんかの「ペチ」でもあります。ついでに、日本で最も有名な汎用的犬の名前「ポチ」も、この「プチ」が語源とされています。

 エンジンの故障でサハラ砂漠に不時着した飛行士が一人で絶望していると、子供に声をかけられます。
 それが星の王子さまで、王子と羊とバラだけが住んでいる小さな小さな星からやってきたんですね。6つのヘンな星を巡る話が前半で、後半は地球で、ヘビ、きつね、そして遭難した飛行士と友達になるという話であります。

 かつて私が読んでいたのは岩波書店から出ていた内藤濯・訳のでした。
 数年前に日本での翻訳出版権が切れて、一気にどっと新訳が出ました。上記の新潮文庫版もその一つであります。

 むかーし、私がこの本をガール・フレンド(だったと思いますが、違っているかも。ガールフレンドになって欲しいな欲しいな女の子、だったかも知れません。)にあげた時は、私はこの本をどう理解していたのでしょうねー。

 この度読み直してみると、何といいますか、叙情の後ろにひどくペシミスティックなものを感じるんですがねー。
 もっともそれは、そもそも人生がそうであるからだと言えば、その通りではありますけれども。

 なるほど、そう考えると、このお話は割とタフなファンタジーだなと言う気がしますね。ひょっとしたら、ちょっと軟弱かつあっさり系のメイドインジャパン・ファンタジーとは一線を画するような。

 ともあれ、人生の長距離走の折り返しを既に過ぎて少々久しくなった今回の再読では、昔のなーんにも考えていなかった私よりは、おそらく筆者サン=テグジュペリよりの理解ができたと思います。

 そして今なら、ひょっとしたら、好きな女の子にはこの本は、プレゼントしないかな?
 ……いや、それはまた、別の話かも、知れませんが。

 (そう言えば、これも今は昔。付き合っていた女の子に、太宰治の『お伽草子』の「浦島さん」を薦めたら、それを読んだ彼女から「別れましょう」と言われたこともありました。きっと、私の性格的な問題のせいだとは思いますが。)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)