司馬氏のロマンティックな「才能」

  『司馬遼太郎が考えたこと・第4巻・第5巻』司馬遼太郎(新潮文庫)

 以前に鹿島茂という人の『子供より古書が大事と思いたい』という本を読みまして、この場でも報告もいたしました。この本の中に、「コレクターの心得」とでも言うべきことが書かれてありましたが、もう少し丁寧に説明しますね。

 荒木一郎という元歌手の方ですが、まだご存命でいらっしゃるのでしょうかね。
 確か『いとしのマックス』とかいうタイトルの歌が大昔、ヒットしたような記憶があるのですが、とにかくこの荒木氏が切手収集家で、知る人ぞ知る極めて優秀なコレクターなんだそうです。で、彼が「コレクターの心得」を述べていまして、それが引用されているんですが、こんな3箇条です。

  1.蒐集のフィールドを限定すること。
  2.一件についての購入価格の上限を設定すること。
  3.狙っているものが、向こうから現れてくるまで気長に待つこと。


 これは長期的にその趣味を楽しもうとするためには極めて有効な心得ですね。感心いたしました。

 さて、話は変わりまして、冒頭の司馬氏の随筆集であります。
 既に触れましたようにこのシリーズ本を、最初はわたくし、ブックオフで10冊見つけました。その後も気にして見ていると、やはりあるもので、100円本ではなかったですがさらに3冊見つけました。
 それ以外にも司馬氏の講演集なども2冊購入し、なるほどコレクション対象物というものは、結構自然に集まってくるものであるなーと、荒木理論の正しさを納得しました。おそらく15冊のコンプリートも時間の問題であると想像されます。

 というわけで、冒頭の司馬氏の4.5巻ですが、執筆時期は1970年前後であります。
 万博がありました。大阪でしたので私、万博、10回くらい行きました。
 三島由紀夫が死にました。朝日新聞に生首写真が載りました。でも私は、このころは三島はよく知りませんでした。
 そして70年代が始まり、72年、元日本兵横井庄一さんがグァム島から28年ぶりに帰国されました。司馬氏は名作『坂の上の雲』なんかを書きながら、そんなことに触れています。

 ひとつ、印象に残っていることを挙げますと、作者はこれからの日本はおそらく自殺者が増加するであろうと「予見」しています。この予見は、見事に的中していますね。
 司馬氏が亡くなって以降でも、ずっと年間自殺者数が約3万人から下がらない状況が続いています。

 この「予見」に至る道筋が書かれてあるんですが、小さな話題ではありますが、なるほどと納得できます。実は私が、司馬氏が好きなのはこんなところなんですね。
 思いがけない事柄に着目して、そして一種「当たり前」だが盲点となっている結論を得るという、司馬氏のこの推理力は、なんだかとても「詩的」な才能のように思え、私も含め、司馬氏に根強いファンがいる理由がよく分かります。

 よく言われる「司馬史観」も、もちろん魅力的なのではありましょうが、こういった、ロマンティックな「才能」はやはり侮れないよねーと、つくずく私は感じるのでありました。
 今のところこの辺です。まだ続きが控えています。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)