村上春樹と兵庫県西宮市のこと

 これは少し前のことですが、兵庫県は西宮市というところ(とりあえず全国的に有名な「名所」としては阪神甲子園球場のある市、でどうでしょう。甲子園球場は大阪府にあると思っている方が多いと聞きますが、それは間違い。大阪府と兵庫県の関係は、まー、東京都と神奈川県の関係みたいなものでしょうかねー、って、私は東京都と神奈川県の関係なんて、何にも知らないんですがー)、そこの市立図書館で「村上春樹と西宮・市立図書館」という講演会をしていたものだから、聞いてきました。

 この講演会の面白かったところは、村上春樹の地元の強みの面白さで、氏の小学校の時の同級生の方などが五、六名来られていたことであります。そして、村上春樹の略歴なんかに書いてあることと、事実との相違を正したりしていたのが、とても面白かったです。

 例えば、村上春樹の小学校履歴について、西宮市立香櫨園(こうろえん)小学校入学・卒業と書かれてあることが多いのですが、実は村上春樹の入学した小学校は同じ西宮市立でも、香櫨園小学校から500メートルほど離れたところにある浜脇小学校なんですね。

 ところが、春樹少年が3年生になった時に、近くに香櫨園小学校が新設され、校区が二つに分かれ、春樹少年達は4月新学期、浜脇小学校の校庭でみんなでお別れ会をし、そしてみんなそろって香枦園小学校に移って行ったというわけだそうです。

 ところで、春樹氏の一番新しい小説『1Q84』にも出てくるし、デビュー作『風の歌を聴け』にも出てきた「山羊」、あれの少なくともイメージ的なモデルが、実はこの小学校話と絡んで出てくるということが、この講演会で話されました。

 それは、上記の「お別れ会」の写真が残っているんですねー。
 浜脇小学校の校庭でお互いにさよならの挨拶をしあう写真や、集団で香枦園小学校に向かって歩き出す児童達の写真等がスライドで映されました。

 その、香枦園小学校に向かって歩く児童達の集団の先頭に、実は山羊が、写っているんですねー。
 この山羊は、ずっと浜脇小学校で飼われていて、この度の校区分割に際して、新しい方の小学校に移されたわけです。
 なるほどねー。

 ……って、だから村上春樹の文学性に新しい発見があるわけでも何でもないですが、でも、なんか、うれしいでしょ。
 『風の歌を聴け』に書かれていた、あのかわいらしくもヘンな「とても人の良い山羊」の場面を、村上春樹氏が、ひょっとして小学校の母校の校庭で飼われていた山羊を思い出しながら書いていたんだとイメージすると、とっても楽しいじゃないですか。ねっ。

 というわけで、そんな話とか、春樹少年が卒業時に卒業文集の巻頭言を書いていたこととか、なかなか春樹ファンにとってはとても面白いお話がたくさんあって楽しかったです。
 よかった。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)