免許証誤交付記事に漱石を思う

 ふっと考えついたことをちょこちょこと書いたり、ネットの記事をちょっと貰ってきたり、そんな文書が幾つか入っている、まぁ、ゴミ袋みたいなファイルが、私のパソコン用のスティックのメモリーの中にあるのですが、先日ぼんやりとそれを見ていると、こんな記事が出てきました。

 兵庫県警は11日、兵庫県明石市の明石運転免許更新センターで、運転免許証を作成する機器が壊れ、違反歴があり青色地の帯が入った免許証を交付するはずの64人に、誤って無事故無違反者に渡す金色地が入った免許証を交付したと発表した。県警によると、64人のうち63人は正規の免許証と交換したが、1人は交換を拒んでいる。この1人に交換に応じさせる強制力はなく免許証は有効だが、ゴールド免許としての扱いは受けない。

 これは去年の11月、ネットから貰ってきた記事です。
 改めて読みますと、なぜ私はこんな記事を取っておいたのかと思いますが、たぶんその時の私の興味の中心は、この1/64に当たる人はどんな人なんだろうということだったと思います。

 この方を弾劾しようと思っているわけではありません。純粋な興味であります。
 「ゴールド免許としての扱いは受けない」とありますから、たぶんかなり下手からお願いに来たであろう県警の方達の依頼を、今更拒否したところで仕方ないでしょうに、ねぇ。
 きっと、ここは一つ恩を売っておく方がいい、などとは思わない方なんでしょうね。

 過去に、よほど官憲に対し恨みを持つことがあったのかも知れませんね、「逮捕歴がある」と書いてあったりますから。むしろ逆に、逮捕歴のある人の63/64もが、一応県警の求めに応じたという、こちらの数の多さの方を「奇」とするべきなのかも知れません。

 ……思い出しました。
 なぜこの記事を取っておいたかですが、ちょうどその頃、夏目漱石が博士号を返上した「事件」の文章を読んでいたからでありました。

 1911年(明治44年)に起きたこの「事件」は、一時期けっこう世間を騒がせ、漱石に対する共感反感等も生みつつ、結局文部省は漱石に博士号を贈ったつもり、漱石はそんなものは返したつもりという辺りに落ち着いた事件でありました。
 ただ、この件の漱石についての論評は、私が読んだ範囲ではさほど切れの良いものはありませんでした。まぁ確かに、漱石研究にとって、さほど重要な事件でもなさそうではありますが。(評論家の関川夏央は、この事件をかなり遠回しに「大逆事件」と結びつけているようですが。)

 ともあれ、現代の免許証の誤交付と明治時代の漱石の博士号辞退事件との間に、全く関係するものはないと言われれば、もちろんその通りであります。
 しかし、どんな方なのか全く想像の及ばない1/64の方について、私がなんとなーい、かすかな「共感」めいたものを感じてしまうのは、もちろん私の無責任な立場故のものではありましょうが、たぶん私が、漱石のように振る舞えないのはもちろん、この「1/64さん」のようにも振る舞えないだろうと思うからでありました。
 
 偏屈者になるというのもなかなか大変だと、仕事上の人間関係のストレスというお定まりの現代病を煩う身の一人といたしましては……。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)