思わず気がつく読書の醍醐味

  『ロマン派の交響曲』金聖響+玉木正之(講談社現代新書)

 このコンビによる前作も読みました。ベートーヴェンの交響曲についての本でした。とっても面白かったです。
 この本の次に出版された同コンビの本も買いました。マーラーの交響曲についての本です。これはまだ読んでいません。

 というより、マーラーの本を先に見つけて、そこに書いてあったんで、今回報告のロマン派の本があることを知ったんですね。
 そこで、いそいそと本屋さんに買いに行きましてー、そして先に本書を読んだんですが、これもとっても面白かったです。

 以前にも触れましたが、私はそもそも音楽について書いてある本を読むのが好きなもので、そのせいでとってもおもしろかったと、そういうこともあるとは思います。
 「一粒で二度美味しい」ですね。(このフレーズがおわかりになる方って、ひょっとしたら、もはやほとんどいらっしゃらないんじゃないですかね。)

 いろんな記述に感心したのですが、全体のテーマに結びつくような大切な個所では全然ないのですが、何となく結果オーライ的に、最も印象に残った感心の仕方をしてしまったところ、そんな「感心」個所を、二つほど、挙げてみたいと思います。
 そういう個所こそ、読書の醍醐味ですよねー。だってウィキペディアで何かを調べている訳じゃないんですから。
 こんな表現がありました。

 ふつう作曲家というのは、年を経るとともに円熟した作品を残すものですが、感受性の強すぎた永遠の青年ベルリオーズは、青年時代の『幻想』をついに越えることができなかったようにも思えます。

 これは『幻想交響曲』で有名な、というより、我々素人にはこの曲以外に他の作品はすぐには思い浮かばない(確か、『レクイエム』とかなかったですかね。うちにCDがあったような気がするんですが)、俗に言う「一発屋」的な作曲家ですが(もちろん金聖響はこんな失礼な表現はしていません。それどころか、本書において「天才」「奇才」と、すっごく褒めています)、とにかく私が注目したのは、「ふつう作曲家というのは、年を経るとともに円熟した作品を残すものです」という個所です。

 そーなんだー、と思いましたね。
 ところが、読み進めていきますと更にこんな表現が、……と、別の個所を引用しようと思ったのですが、えー、続きは次回に。どうもすみません。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます