ネットの記事を、今更ながら、少し考える。(その1)

 テレビで、クラシック音楽の番組はどのくらい放送されているのか、私は知らないですが、一つの番組だけけっこう見ています。
 その番組が、4月から改変されまして、司会者が変わりました。(タイトルも変わったんですけれど。)

 新しい司会者は、クラシックファンの小説家の方です。
 以前よりお名前くらいは存じ上げていたのですが、それ以上のことを知らなかったので、少々安易ながら、入門程度のことを知るにはもってこいと思っていたウィキペディアで調べてみました。

 するとその通り、入門程度のことが分かったのですが、その中にこんな文章が入っていて、私は、おやっ、と思いました。これです。

 時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、『うつくしい子ども』は神戸連続児童殺傷事件が、『約束』は大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件が、『ブルータワー』はアメリカ同時多発テロ事件がそれぞれ執筆のきっかけとなっている。
 2012年1月1日、NEWSポストセブンの取材で「今の日本ほど、世界の中で潰れちゃってかまわない国はないかな。」「日本が無くなって世界の人が困るのは漫画とゲームが消えることぐらいでしょう。」と述べた。


 前半は、この作家の作品についての説明ですね。
 気なったのは、後半であります。

 ……どうでしょ。
 この文章を読んで、この作家についてどんな感想を持つでしょうかね。
 まー、いろいろな感想はありましょうが、私としては、

 「いらんこと、言いよんなぁ」

で、ありました。

 なまじっか、反論しにくいような部分も少しあるだけに、でもそれゆえに、なぜこんな言わずもがなのことを言うのか、という感想を持ちました。
 そして、この作家に対して、ちょっとイヤな気持ちを持ったんですね。
 きっと誰が読んでも、だいたいそんな感じではないでしょうか。

 しかし、テレビで持ったこの作家への好感と比べ、このコメントのイメージがあまりにそぐわなかったもので、私は気になって、後日もう少し調べてみたんですね。
 すると、……なるほど、ネットの記事とは(ひょっとしたらネットの記事だけではないかも知れませんが)、怖いものだなぁ、という感想を持つに至ることが分かりました。

 えー、次回に続きます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます