『俳句的生活』長谷川櫂

   『俳句的生活』長谷川櫂(中公新書)

 下手の横好きの俳句を時々ひねっている割には、俳句関係の本って、あまり読んでいません。この世界も入っていくと切りがなくなるからでしょうね。

 この作者は俳人ですが、どの位この「俳壇=業界」の中でエライ人なのか、僕はさっぱり知りません。考えてみれば、そもそもこの「俳壇」のことを、何も知らないわけです。

 知っているは、「正岡子規→高浜虚子」くらいです。
 あと、高浜虚子系列の人々が、いろんな結社で「家元」みたいに頑張ってはる、くらいのことしか知りません。

 「俳句結社」って、全国に星の数ほどあるそうですね。
 私もそのうち、どれかに入れてもらいたいなと思う時もありますが、しばらくは、ムリですね。

 さて冒頭本の読書報告に戻りますが、この本を読んでいて、その内容について(俳句について何も知らぬ身で僭越ながら)、まれに「えー、それはないのじゃないですか」と思ってしまうことがありました。

 また一方、「なるほどなー。こんなふうに読むのか」と思うことも、多々ありました。
 後者の方が、たぶん多いです。
 だから、きっといい本なんでしょうね。

 本を読んで、100%筆者の意見に賛同するというのは、なにかとても危ういような気がします。
 後は割合の問題だと思いますが、「賛同」が過半数から三分の二くらいが、一番いい辺りじゃないでしょうかね。
 そんな本こそが、読者にとって有意義な本だと、個人的には思います。

 あと、もう一つだけ、細かい話。
 特に、「切れ字」について、時間の分割の仕方、時間の遡り方、などの視点で分析した個所がありまして、ここはかなり感心しました。

 このことも含めて、僕にとって、とてもいい本でした。はい。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)