イタリア人やドイツ人のように……オペラを聴き始めた頃のこと(4)

 ……えー、前回の続きであります。テーマは、小林秀雄のこのフレーズでありました。

 「彼の音楽は、声帯による振動も木管による振動も、等価と感ずるところで発想されている。」(『モオツァルト』)

 つまり、本当に声と音は、音楽の中で「等価」なものかということなんですが、いくら小林秀雄大先生の主張であっても、どうも私はよく分からないんですね。
 これって、例えばドイツ・リートを聴いていて、単にドイツ語の意味が分からないってことに過ぎないんじゃないか、って思うんですがね。

 もっとも、第三者的に見たほうが物事の本質がよく分かるってことは、いかにもありそうにも思いますが。
 でも実際の所、イタリア人やドイツ人は、歌曲を器楽曲と同じに聴くなんて、そんな聴き方はしているんでしょうか。イタリア人やドイツ人にとって、イタリア語やドイツ語の歌詞は、やはりまずリアルな意味を持つ言語でしょう。器楽曲とは、違いませんかね。

 じゃあなぜ彼らは、なぜ違和感がない(ように見えますね)のか、と。(えーっと、遡っていきますと、この「違和感」、セリフを歌で表す芝居であるところのオペラへの違和感が、もともとのテーマでありました。)

 で、実験してみました。
 どんな実験か。
 大体ご想像がつくとと思いますが、イタリア人にとってのイタリア語オペラ、ドイツ人にとってのドイツ語オペラと同じ状況を体験する、つまり、日本語のオペラを聴いてみたんですね。

  『有間皇子』 福田恒存・原作、松原正・脚本、別宮貞雄・作曲

 間違いなく日本語のオペラです。
 このオペラを、オペラを聴き始めてまだ間がなかった私は、聴いてみたのでありました。

 えーっ! めちゃめちゃ、違和感あるやんけー。
 めっちゃ、きしょく悪いやんけー。

 ……すみません。
 極めて愚かな者の、何にも知らない頃の、何にも考えていない感想ですので、どうか許してやってください。
 とにかくそのころの私は、ごく正直に素朴なところ、そんな風に思ったのでありました。

 えー、次回には、終わりますから……。どうもすみません。続きます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)