少しずつイタリア人……オペラを聴き始めた頃のこと(6)

 ……えー、毎度ながら、あれこれだらだら述べていた話であります。(ごめんなさい。)
 前回最後に引っかかっていたのは、こういう事でありました。

 「イタリア人がイタリア語を、ドイツ人がドイツ語をしゃべる時の感覚と、日本人が日本語をしゃべる時の感覚は、生理的に大いに異なっているのではないか。そして特にイタリア語はそうじゃないかと思うのだが、『語る』と『歌う』の間にそんなに差がないのではないか。」

 そんなことを考えたわたくしはさらに、だからしゃべる代わりに曲を歌うという構造のオペラに、イタリアの人はさほど違和感を感じないのではないかと思ったのでありました。
 そして、それではイタリア人が、常住坐臥「歌う」ように言葉を「語る」というのは、いったいどんな感覚のものなのだろうかと、大いに興味の湧くところでありました。
 で、ちょっと、いろんなことをしてみたりするんですが……。

 えー、そもそも私は、ひじょーに影響を受けやすい人間でありまして、すぐ「まねしー」をしたくなるんですね。かつて、バッハのカンタータをよく聴いていた時、自分も歌ってみたいものだとすぐ思っちゃうんですね。ところが、根が怠け者である私は、そこでドイツ語をちゃんと学ぼうなどとは決して思わないんですね。
 そこで、聴きながら発音をカタカナでメモしたりしました。

   ジ オン ヘル フィ フェッシャー ズィーンゲン
   ダス フェッフ ビーヴォー フローイデン スプリーンゲーン


 なんてやってました。(上記は『カンタータ140番・第4曲コラール』のつもり)
 この間も、『カルメン』を聴いていて、同じことをやってました。

   ラムー ェ タン ファ ドゥ ボ エーメ イル ナ 
   ジャメスコ ヌ ドゥ ロワ


 (これは『ハバネラ』のつもり。これはフランス語やね。)
 で、こんなことしていると、少しずつ少しずつ、感じてしまうんですね。
 いえ、少しずつ少しずつ、イタリア人になってしまうのですね、これが。
 そして、やっと、私は、このことに気が付いたのでありました。

 「違和感なんて、やっぱりないやん。」

 そしてつくづく、やっぱり本当にドイツ語・イタリア語がしゃべれるとええなぁー、と。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)