こんな古いこんなに凄い漫画がある。

  『菜の花畑のむこうとこちら』樹村みのり(朝日ソノラマコミック文庫)

 時々古い漫画が読みたくなります。そんな時現代は便利なもので、アマゾンやオークションでその種の本が簡単に買えます。だから我が家にも、その時々に買った、一緒に並べてみるとあまり纏まりのない何冊かの古い漫画本があります。

 ともあれ今回は「樹村みのり」です。上記に紹介した文庫本は新しい文庫本ですが、収録されている作品は1970年代後半中心の11の短編です。どの作品も私は一度は読んだことのあるものでした。
 そして今回読んでも、とても面白かったです。

 「懐メロ」の流行歌が、現在の流行歌より良いと思うのは、記憶のトリックであるという説を聞いたことがあります。
 そもそも「懐メロ」として現在残っている歌は、時代のヤスリに耐えて残った歌であって、残ったというだけですでに選ばれた曲で、いいに決まっている、と。

 同様の理論を、何年も経って読み返してみたい漫画に当てはめれば、読み返そう(もう一度本を買いなおそう)と思った時点で、すでに読書の快感の再現の準備ができているというわけですか。なるほど、読み直して感心するのも当たり前、ってわけですね。

 まず、絵は、……まー、絵は、作家が自分の個性で書いているわけですから、うまいとかうまくないとか言っても仕方ないかなと思うのですが、例えば、同じく漫画家の鳥山明や大友克洋(このへんの世代の方しか知らないんで、すみません)の絵をうまいというのなら、樹村みのりの絵はあまりうまくないのかも知れません。
 少女漫画的なデフォルメとも思いますが、時に、口が大きすぎる感じです。(でも、モディリアーニの絵を見て、首が長すぎるだろうといっても仕方ありませんものね。)

 一方ストーリーですが、作品中に点在するコミカルな挿話に、時々理に落ちすぎるものがあって、そんなのは少々私の好みに合いません。
 しかし、そんな絵とか挿話を大きく越えた全体の話の流れが強引に持って行く先に、あふれ出すような詩情が待ちかまえており、読者はそこに吸い込まれるように感動・感心してしまいます。実に、見事な力業であります。

 11の短編が収録されていると書きましたが、そのうち7作は連作です。残りの4作中3作は、これは連作ではないようですが、どれも結婚がテーマの作品です。
 残った1作、『おとうと』というタイトルの21ページの掌編ですが、実はわたくし、これが読みたくてアマゾンで探したんですね。

 えらいものですねー。読んでいると昔の面白さがそのまま蘇ってきました。
 この作品は、作者が19歳の時の作品だそうですが、見事な構成力です。何度読んでも感心するのはいったいなぜなのかと思いますが、それがそう簡単には分かりません。ひたすら感心するばかりです。(どなたかぜひ分析していただきたいんですがー。)
 
 そんな作品集でした。
 こんな古い凄い漫画を読んでしまうと、ますますむかーしの、記憶の底の「名作」を、次々探し出して読みたくなってきます。うーん、困った。(別に困りませんか。)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)