「後世への最大遺物」とは何か(その3)

  『後世への最大遺物・デンマルク国の話』内村鑑三(岩波文庫)

 上記の本の読書報告の三回目であります。とても面白い本であります。
 前回まで報告したのはこういう事でした。

 筆者の若かりし頃の青年内村君が考えた、「後世へ我々の残すもの」はこの順番で4つであります。

 (1)お金
 (2)土木的事業
 (3)思想(哲学・文学)
 (4)教育


 これはなかなか面白いランキングですよね。
 一番目のお金は、もちろんその富を社会に有効に用いるのですね。
 二つ目の土木的事業というのは、例えば大阪にある「道頓堀」みたいなものですね。ある人が頑張って土木的事業をしたことが後世の人々にどれほど有益となったか、というパターンであります。

 三つ目の思想もよく分かります。社会が劇的に変化したその背景に、優れた思想家がいたことは歴史上後を絶ちません。
 四つ目の教育というのもそのセットみたいなもので、自らが優れた思想をうち立てられないのなら、過去のそれを広く人々に知らしめる仕事としての教育であります。

 こうしてみると一つ一つについて、とても説得力がありますね。
 で、内村青年はどれを選ぶかというと(実は、1番目から考えていって、これはダメだからその次、と進めていったのですが)、自分はみんなダメだと思っちゃうんですねー。
 謙遜青年内村君であります。

 そうして内村君はとても失望してしまいます。
 自分は後世に何も残すことはできないのだと、悲嘆の念を発するのであります。

 しかしここから、内村君はなんと、コペルニクス的転回のような考えを編み出すんですねー。
 それは何かといいますと、……、あ、すみません、次回に続きます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)