クラシック音楽コンサートとは何か・後半

  『グレン・グールド――孤高のコンサート・ピアニスト』中川右介(朝日新書)

 上記の本の読書報告の後半であります。
 前回書いていたのは、グレン・グールドはコンサート・ピアニストを自らの意志でドロップ・アウトしたピアニストであり、コンサート活動にかなり嫌悪感を抱いていたと言うことを本書から読んだということでした。

 しかし私はそれを読んで、まぁグールドはちょっと「奇矯」な感じの方だからなぁと思ったのですが、さらにこんな表現を本書から見つけました。

 「前列左手ではご婦人がブレスレットをじゃらつかせ、右手では誰かがスコアを追いつつ(ただしページが間違っている)、プログラムで拍子を取っている(ただし狂っている)。後ろの席では、誰かが駐車場が確保できなかったらしく、そのことを隣の客にぶつぶつとこぼしている」

 これもコンサートに対する不愉快さを語った部分ですね。
 ただし、これはグールドの発言ではなくて、カラヤンの言葉だそうであります。
 もちろんカラヤンは、終生精力的にコンサート活動もしましたし、またこんな発言もあると書かれています。

 「音楽を愛する人たちとの直接的なふれあいをもたないとしたら、われわれの職業に、そして音楽に対するわれわれの不断の努力に、何の意味があろう」

 しかし私が考えたのは、やはり前者の方の発言でありまして、そもそも演奏者が聴衆に対してこのような感覚を抱くクラシック音楽のコンサート活動とは何なのか、ということであります。

 例えば、ポップスのコンサートの場合、演奏者はやはりこんな事を思うんでしょうか。本書にも、ビートルズがコンサート活動をやめたことについて触れてありますが、あれは今後一切行わないと言うのではなくて、事実ビートルズ解散後の4人は普通にコンサート活動をしていたようです。

 さらに例えば、お芝居なんかの場合はどうなんでしょうか。お芝居関係者は、上記のような感想を持つんでしょうか。
 持つような気もしますし、しかし持つとしても、もう少し自分たちの側を見つめ直すようなニュアンスのものが付着するように思うのですが、いかがでしょう。

 しかしこれが、例えば日本の古典芸能と呼ばれるものになったらどうでしょうか。
 なにか、かなり「やばい」感じがしますね。
 実際私もクラシック音楽のコンサートに行って、騒ぎこそしませんがうとうとしたことなど数えきれずありますし、うとうとしてはいけないと必死に我慢したことも多いです。

 そんな風にあれこれ考えていきますと、現代におけるクラシック音楽コンサートというものの位置取りが見えてくるように思います。
 それは、グールドが感じ、コンサート活動をドロップ・アウトした理由とは異なるものではありましょうが、現代においてはやはりかなり特殊なたたずまいであり、今更ながら私は、その未来に少々ネガティブなものを見るのでありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)