電子ブックリーダー、その後(後半)

 ……えー、後半であります。
 前回は何を書いていたかと申しますと、まじめにしっかりと書いてみますれば、現代において一冊の本とは何かという、実に何と言いますか、深遠な哲学的テーマであります。

 そのきっかけは、タイトルにもありますように私が電子ブックリーダーを買ったことであります。電子ブックリーダーには、一冊の本という単位がないのであります。

 ……と、いうのは少し言い過ぎの感がないわけではありません。一冊という単位ではない本があふれているというべきでありましょうか。一冊という単位がないのは、もっぱら私が読んでいる、無料でネット空間にある本がほとんどであります。

 例えば太宰治の小説に『魚服記』という作品があります。
 この作品は文庫本で読むときは大抵『晩年』という太宰自身が編んだ短編小説集の中の一作品として読みます。だから、一冊の読書という単位でいえば、『晩年』を一冊読んで完了となります。

 ところが青空文庫では、『晩年』収録の15作の短編小説が、みんなバラバラでリーダーに取り込めるわけです。この例のように作品集『晩年』と一短編小説『魚服記』の関係がはっきりとわかっていれば、かつての「一冊」にこだわることもできましょうが、普通はもうこうなってしまうと「一冊」という読書単位は存在しません。
 こんな状況において、本当のところ読書記録はどうすればいいのでしょうか。

 以前、ネットをぶらぶら覗いていて、「読書メーター」なるものを見つけたことがあるのですが、そこに設定されいてた単位は、あるものは「ページ」であったり、あるものは「字数」であったりしました。

 しかし、ページについては、実際リーダーにおいては文字の大きさが可変であるため無意味ですし、「字数」というのもまた、あまりといえばあまりな単位ではありませんか。
 そんなことないですか? 

 というわけで、読書単位の崩壊に私は真実戸惑っているのですが、このような状況になって改めて分かったことが、冒頭に書いた「現代において一冊の本とは何か」というテーマであります。

 かつて「万巻の書を読む」という言い回しがありましたが、もはやこの言い回しが成立しません。
 「万巻の書」は無理としても、私は私なりに一冊でも多くの本を読みたいと思っていたのですが、ひょっとしたら、私のそんな遥か時代遅れの教養主義的文化観が、今断罪されようとしているのでしょうか。

 ……うーん、本当に、どなたかアドバイスをいただけませんでしょうか。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)