ひとつ、「誹謗中傷」ってやつを書いてみる。(後編)

 ……というわけで、私は思いあまって「誹謗中傷」ってやつを書いてみようと思ったのであります。ありますが、いざ書こうとして、一向に考えがまとまらないことに気がついたのでありました。

 そもそも、ネット上にはどうしてあんなに「誹謗中傷」が満ちあふれているのでしょうか。
 しかしその答えを安直に求めるのは、けっこう簡単に思います。
 つまり、「悪口はおもしろい」からでありましょう。

 だってテレビのバラエティ・ショウなどを見ても、そんな役回りをセットした展開(悪口を言う役と言われる役とで進んでいく展開)が、星の数ほどあるような気がします。
 でもあふれかえる「悪口」や「誹謗中傷」の中で、本当にそれを「芸」にまで高めている人は、そんなにいません。
 
 かつて文学の中で、「誹謗中傷」を芸にまで高めた作家がひとりいました。(いえ、今でもご存命でいらっしゃいますが。)
 筒井康隆氏ですね。
 評論家に自作を批評されたのをとらえて、徹底的に再批評した文章を、作品として発表しました。その作品や文章が大いに芸を感じさせ、何よりとてもおもしろかったです。
 確か筆者は、こうして悪口を徹底的に書いていると「ランニング・ハイ」の様な、恍惚とした意識になっていくと書いていました。なるほど、そうなのかもしれませんね。

 しかしそんな天才的な「誹謗中傷」家は、ざらにいるものではありません。
 なぜでしょう。
 私は上記に「悪口はおもしろい」と書きましたが、ひょっとしたら本当は、悪口はそんなにおもしろいものではないのかもしれません。だって、本当におもしろいものなら、それはきっと独自の発達をしていくはずでありましょう。

 わたくし、思うのですが、結局のところ、人は愛するものを見つめていたいのではないでしょうか。好きなものを見つめ続け、それに関わり続け、そしてその対象が洗練されていくのだと思います。

 我々は本当に、「誹謗中傷」したいものをいつまでも見つめられましょうか。
 少なくとも私にとっては、とんでもない話であります。絶対に御免こうむります。

 さて、ランニング・ハイを感じるような芸のある中傷は、私にはとても難しいということがわかりました。
 つまり我が「中傷愛」の程度では、「誹謗中傷」の筆力の向上は望めず、「芸」のある誹謗中傷レベルにはとても手が届かないということがわかりました。

 潔くしっぽを巻いてあきらめましょう。
 しかしそう考えると、アマゾンブックレビューの皆さんは凄い、って、これはイタチの最後ッ屁のつもりなんでしょうかね。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)