実に様々な依存がある

 以前本ブログにも書いたことがありましたが、かつて私はとってもお酒が好きな毎日を送っておりました。一年の内364日くらいお酒をたしなんでいるという生活ですね。

 そのせいで、毎年職場で行われていた健康診断における、肝臓の不健康さを示す様々な値は年々上昇していき、そして、いろんな方々からアドバイスをいただくに至りまして、わたくしは意を決し、まー、半年ほど禁酒を致しました。

 その時分、普段からわりと「ブッキッシュ」な生き方をしていた私は、飲酒依存に関するいろんな書物(もちろんそれは純医学的なものではなくて素人向けのものでありましたが)を読みまして、一つのテーゼを得るに至りました。(そんな大げさなモンではありませんて。)

 それは、生きることは何かに依存することである、ということであります。

 以来私は、どうせ何かに依存するなら、あまり不健康にはならないものに依存しようと努めてまいりました。(しかしまー、依存とは多かれ少なかれ不健康なものでありますがね。)
 このかん様々なものに依存してまいりましたが(このブログなんてものもそのひとつでありましょーが、最近はすでにこの依存は落ちてきつつあります)、現在私が何に依存しているかといいますと、……えーっと、それは、アイロン掛けであります。

 そんな依存があるんかとお思いのお方もいらっしゃるでしょうが、一方で、何となくその気持ちは分かるとお感じの方もいらっしゃることを私は確信しております。
 やり続けていると解るんですが、たしかにアイロン掛けは、依存します。

 何でだろうかとちょっと考えたんですがね、結局たどり着いたのは快感原則ですね。
 これは依存の基本でもありましょうが、気持ちいいから依存するというものです。
 アイロン掛けは気持ちいい。
 この気持ちよさは、つまるところ、自らの行為の快い結果がすぐに目前に具体的に現れるからではないか、と。
 これが、口に出して実際には言いませんが、「いいのいいの、気持ちいいの。」とゆーくらい、本当に気持ちいいんです。あン。

 さて、ここまでお読みいただいて、あまりに他愛のないあほらしい話題と分析ではないかとお感じの貴兄、いえ、別にそうであってもかまいはしませんが、まぁ一度、……いえ、一度ではダメかな、一週間毎日、アイロン掛けをしてみてください。
 きっと貴兄も、この、隠微な快楽にお気づきになられると思います。
 
 そして派生的に、奥方に感謝されでもしましたら、その時はまさに一石二鳥の、背徳的快楽の依存症に貴兄もなられること請け合いであります。いえ、本当。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)