「喧嘩を売る」(後編)

 前回の続きです。
 前回の最後に生田長江の文を引用しておきましたが、これがとっても興味深い文章なので、前回がどんな話であったかはともかく、そこだけでも読み直してください。

 ……読み直しましたか? いいですか? では、後編を始めます。

 さて、この文章ですが、いくら何でもひどいと思いますよね。
 生田長江は、かりにも文芸評論家であります。その文芸評論家が、作家の書いた作品を読まずに作家を批評しようとする、そして、自分のそんな矛盾した行動について、完璧に居直っています。
 まるで居直り強盗の如く、または、まるで「アマゾン」書評の罵詈讒謗文章のようではないか、と。

 谷崎潤一郎も、こんな文章を読んで、さすがにそう思ったんですね。(もちろん、「アマゾン」うんぬんは思わなかったでしょうが。)
 で、谷崎は生田長江にこんな風に意見を言います。

 「あんなスキマだらけな乱暴な書き方をしないでも、もう少し書きようがあったのではありませんか」

 「ありませんか」なんてなんか谷崎らしくない(ような気がする)丁寧な言いようは、生田長江のほうが谷崎より若干年長者であったからなんですね。
 ところがその丁寧な谷崎の意見に対して、生田はこう答えたそうです。

 「いや、議論を吹ッかける場合には、わざとスキマを拵えておく方がいいんです、そうしないと敵が乗って来ないんです」

 ……うーん、なるほどなぁ、と思いましたね。喧嘩を売る時はそんな風にするのかと、ちょっと納得してしまいました。
 谷崎も、上記の文に続けて「なるほど評論家にはそう云う心得が必要なのかな、と感心したことがあった」と書いてあります。

 しかし、だとすれば、つまりあの文章が生田長江の芸のうちであるならば、あの中に再々書いてあった『お目出度き人』を自分は読んでいないというフレーズは、そのままには信じられないではありませんか。

 前回の文章の冒頭で、私は以前「罵詈讒謗を書いてみよう」というテーマの文章を書いたと書きましたが、その文章の中で「悪口」の天才として筒井康隆氏を紹介しました。
 しかし、今回の生田長江の「喧嘩の売り方」を知って、この方も筒井氏に負けない「悪口」の天才かも知れないと思いました。

 でもねー、でも、生田長江の場合は、あまりに破れかぶれではありませんか。
 表現された「芸」の姿に実も蓋もないものを感じます。このやり方は、きっとたくさん敵を作るでしょうね。

 実は、谷崎の「文壇昔ばなし」には、なぜ生田長江がかほどに破れかぶれであったかについても、一応触れてはいるのですが、今回はそれは少し別のこととして、ここまでで終わっておきます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)