今さらながら、すごい。

 ……えーっと、以前「わたくし、『古い日本映画を見る会』の一人会員でありまして…」と書いたのですが、その後もわたくしの「一人会員」はどんどん増えていきまして(よーするに「一人遊び」が好きなんですね。孤独な性格であります)、現在のメインの「一人会員」は、「石ノ森章太郎の古い漫画を愛でる会」であります。

 少し前までは「手塚治虫作品のコンプリートを目指す会」だったのですが、何とか有名どころの作品はかなりそろったので(これ以上は「レア物」になって、高価になりそうなので)、ちょっと一段落しました。

 さてそこでと、あたりを見回せば、やはり手塚治虫の次は石ノ森章太郎であろう、と。
 と、そんなに順を追って考えたわけでもないのですが、何となく石ノ森氏の漫画本を集めるともなく集めていましたら、たまたま大阪の歴史博物館というところで、手塚治虫と石ノ森章太郎の展覧会が行われており(3月10に終わっちゃいましたが)、私は勇んで見に行ったのでありました。
 その時の半券がこれです。↓

img039.jpg


 ……いやー、この展覧会はなかなかよかったですねー。
 質量共に非常に見応えがありました。
 私はとても興味深く様々な展示品を拝見し、そして満足して会場出口に行きますと、最近の展覧会には必ずつきものになっている「グッズ売り場」に出ました。
 そこで絵はがきの数枚でも買おうかと思い、手塚・石ノ森それぞれの商品を見ていて、私は思わず唸ってしまったのであります。

 ……石ノ森章太郎は、実に絵がうまい。

 どうも私は世の中の事に疎い人間でありまして、様々な出来事や現象、事物などに対する世間的評価というものをまるで知らないのですが、この度、石ノ森氏の絵はがきを見ていて、今さらながらその絵のうまさに激しく驚いたのでありました。

 そしてこの後、私の石ノ森章太郎漫画の収集はさらに拍車がかかるのですが、それはまた少し別の話題として、後日。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)