あの事件から、もうすぐ半世紀になるんですねぇ……

   『木橋』永山則夫(河出文庫)

 永山則夫ってのは、例の永山則夫ですね。1968年、四件の連続ピストル射殺事件の永山です。
 ……うーん、事件からもうすぐ半世紀になろうとしているんですねぇ。
 1997年に東京拘置所で永山の死刑が執行されてからでも、もうすぐ20年なんですものねぇ。

 えーっと、わたくし、何となくこの作者には興味がありまして、今となってはほぼ昔になりますが、かつて同作者の『無知の涙』とか『人民を忘れたカナリアたち』とか、はたまた確か佐木隆三だったと思いますが、永山の事件のドキュメントなんかを読んでいます。
 今回は、ブック・オフ108円本ではありますが、なかなか興味深く読めました。

 とはいえ、この小説集を純粋に文学作品としてのみ読むことは、まー不可能でしょう。殺人犯作者の作品という予備知識を外すことはできません。でもそう言った思いで読むと、それはそれでまた興味深いものがあります。
 それは、かつて誰の文章で読んだ言い回しか、よくわからないんですが、こんな趣旨の言葉。
 
 「子供が15歳になるまで社会がその子を守ってやらなければ、その次には、その子から社会を守らねばならなくなる。」

 この言い回しの意味するものが、永山の生い立ちを読んでいるとそのまま描かれていることがわかります。
 永山少年が、徹底的に社会から保護されることのない少年期を送っていたことが、これらの作品から痛々しいほど読みとれます。全く、一人の人間をスポイルすることは、ひょっとしたらぞっとするほど簡単なことなのかも知れません。

 そんな人間としての尊厳を徹底的に認められなかった少年の記録は、或る意味、永山則夫のような存在にしか書けない部分が確かにあると思われ、いろいろと異論はあるとは思いますが、永山の死刑執行にはやはり「惜しい」ものがあったという思いを、この度の読書で改めて確認しました。

 1983年、本短編集の総題になっている小説『木橋』で、永山則夫は第19回新日本文学賞を受賞しています。
 そんな本でした。なかなか面白かったです。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)