2冊揃うとなかなかあれこれ考える(後編)

  『安部公房とわたし』山口果林(講談社)
  『安部公房伝』安部ねり(新潮社)


 前回の続きであります。
上記2冊の本をわたくしこの度読んだのですが、この2冊の本の発行日時は、「果林本」2013年8月、「ねり本」2011年3月と、なっています。

 アマゾンの書評欄でも既に多くの指摘がありますが、「ねり本」で山口果林に全く触れていないことが(私が読んだ範囲で言えば、第3部のインタビュー編でお一人がさっと「果林」の名前を挙げているだけです)、「果林本」を書かせた、と。

 たぶんその通りなんだろーなー、と思います。
 そして、その結果は「ねり」サイドにとっては、思いがけない大きなミスになったと思います。

 前回にも書きましたが、私はまず「果林本」を先に読み結構面白く読み終えた後で、今度は「ねり本」を読んだんですね。でも(「でも」という接続が正しいのかどうか分かりませんが)、「ねり本」もとっても面白かったです。
 だってはっきり言うと、同じ安部公房をテーマにしながら、この2冊は公房に触れている角度がかなり異なっているからですね。
 歴史小説で、司馬遼太郎の描く織田信長も面白く、かつ海音寺潮五郎の描く織田信長も面白いのと同じであります。

 というわけで、私は「ねり本」もとても楽しく読んだのですが、ただやはり、「ねり本」に全く山口果林が描かれなかったことには、いろいろ考えさせられました。

 例えば「果林本」は、約250ページ、定価1500円(税別)なんですね。
 一方「ねり本」」は、約330ページ、定価3200円(税別)であります。
 ざっくりした感じで書きますと、「果林本」は女優の自伝エッセイであるのに対して、「ねり本」は、文学者安部公房についての文芸評論または文学研究書を意識していると思います。たぶん読者のターゲットが異なっています。

 もしそうであるのなら、「ねり本」がまったく山口果林に触れていないのは、評論または研究書としての(学問的)誠実さに欠けはしますまいか。
 少なくとも、作家についての第一次資料としての価値は、このことでかなり下がったとしか言いようがないと思います。(さらに少々厳しい言葉で書いてしまいますと、「歴史の書き換え」なんて言葉が、ちょっと浮かんでしまいます……。)

 実際内容につきましても、晩年の公房並びに公房作品に限って言えば、情報量は「果林本」が圧倒しています。
 例えば「ねり本」では全く触れられていず「果林本」では書かれている安部公房の手術については、最晩年の著書『カンガルーノート』の研究には欠かせないように私は思うのですが。

 ……と、いう風に私は2冊揃えてあれこれ考えながら読んだのですが、しかしねぇ、……うーん、男と女の話というのは、どこでも、いつの世も、なかなか難しいものでありますねぇ。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)