『スイートプールサイド』はいい映画ですね

 先日私は、私としては実に久しぶりに「新しい」映画作品を(DVDですが)、見ました。冒頭の映画、これは2014年に作られた映画ですね。

 原作は漫画作品で、原作・映画共にかなり「マニアック」な作品であります。
 しかし本当に「マニアック」かといえば、それはまー、カッコ付きの「マニアック」かなと思います。本当に本当のマニアックになると、たぶんそれはポピュラーな支持を広く受けにくいんじゃないかと思います。

 実はわたくし本映画をちょうど真ん中あたりで休憩し、前後半に分けて見ました。
 いえそれはたまたまなんですが、ちょうど休憩の真ん中で原作となった漫画を読んだのであります。

 原作漫画もとても面白かったです。
 ただ漫画は登場人物が中学生の設定であり、この設定が作品をコミカルなものにしていると同時に、10代前半の、人格としての未成熟さが感じられる展開となってマニア性はかなり欠けました。

 それを高校生の設定にしたのがこの映画でありまして、高校生にそのまま移したため少し違和感のある箇所もできたと同時に、その分マニア性は一気に開花しました。

 これは全く個人的な感想ですが、私は前半がかなり良いと思いました。
 ヒロインの体毛を剃髪するシーンに出てくる「処女森林」のようなイメージは、浪漫的でかつ重くなりすぎず(諧謔性もあって)、とてもよかったと思います。

 ただそんな前半のやや軽快かつマニアックな展開に後半が持ち切れず、「狂気」という少し別の分野のものを持ちこんでしまったように思います。
 もちろん狂気とマニア性は、現実には親和性あるフィールドでしょうが、そこを何となく繋いでしまうとオリジナリティにも瑕疵が生まれ、なによりマニアの「純粋性」が激減してしまいます。(と、私は思います。)

 ともあれ私は今回一連の作品を鑑賞し、まず現代日本の漫画メディアが持つ「懐の深さ」について、改めてはるかに深く広いものがあることを確認しました。
 原作の持つオリジナリティは素晴らしいですが、それは漫画メディアのキャパシティーとしてはたぶん想定される範囲のものでもあります。

 それにまして今回私が素晴らしく感じたのは、映画におけるマニアック作品に対する許容度についてです。
 もちろん映画にも、マニアな作品は古今数多くあったでしょうが、わたくしとしては、本作が久しぶりに身近にそれを感じられる一作でした。

 許容度とは「多様性」ということであり、少し大げさに言えば、これなしにはすべての物事・事象・存在は進化発展していきません。
 本映画を見た後私の心に残った満足感は、そんな許容度を確認できた満足感でありました。

 冒頭の記述からも分かるように、私は全く映画芸術に対する良質なシンパではありません。
 しかしそれでも、他人事ながら、そのジャンルがさらに発展していく「多様性」という予感を本作は感じさせてくれて、私は少し心温まる思いがしたのでありました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)