菜園を我が物顔の胡瓜かな

胡瓜

 何にも知らない都会育ちなもので。
 胡瓜が一晩でこんなに大きくなることを知りませんでした。

 これを発見した朝、目の前の一人前の大きさの胡瓜と、
 前夜までのちび胡瓜の姿を思い出し、比較して、目が点に。

 ミラクル・ワールドにでも紛れ込んでしまったような気がしました。

 都会人は、ダメですね。
                                秀水
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)