別役実の文体マジック

  『満ち足りた人生』別役実(白水社)

 別役実のエッセイには一時期かなりはまりました。
 それは今振り返って思うに、実に実に独特なエッセイであり、まー、よーするに、わたくしのような屁理屈の好きなこじゃれた性格の読者が魅力を感じないではいられないような、まるで新興宗教の教祖様のお言葉のようなエッセイでありました。

 その魅力の説明はわたくしにとって、別役教祖様の霊力に少々不感症となった今でも十分客観的な分析ができるとは思えません。しかしこの度久しぶりに別役エッセイを読んだのでちょっと書いてみますが、おそらく書き出したらきりもまとまりもなくなりそうなので、今回は一つだけ別役マジックについての指摘をしてみたいと思っています。

 一つだけというのは、文体についてです。
 実はこれ一つだけでも魅力を分析できれば十分だと思いますが、さほどに別役エッセイの大きな眼目が文体であります。

 いくつか例を挙げるのがわかりやすいかと思いますが、どこを引用するかについてはなかなか迷うところです。そこで今回は分かりやすく、45個の断片(章)からなっている本書の、各章の冒頭部からだけ少し抜き出してみます。

  歩行

 言うまでもなく、人はまず這うことからはじめる。まれに、横にころがることからはじめるものもいないではないが、そしてこれも、移動という見地よりすればなかなか捨て難い方法であるが、将来性がないせいか、周囲の大人たちによってすぐ修正される。

  読書

 読書というものを、もし字を読むことができるならだが、一度はしてみてもいい。

  失語

 暴漢に鈍器で後頭部を殴打されれば、人はたいてい失語状態に陥るが、これはあまりお勧め出来ることではない。そうしてくれる暴漢がいないのではないものの、奴等は力を加減するということがないから、そこから恢復することが不可能になる場合があるのである。

 三つ抜き出しながらふーむと考えていたのですが、やはりなかなか説明が難しそうですね。で、ふっと連想したことがありました。
 それはかつて赤瀬川原平のエッセイを読んだときにその解説文にあった言葉で、別役エッセイと赤瀬川エッセイは、微妙にかぶるような異なるようなどちらもとても魅力的な文体を持つのですが、その解説文にはこう書いてありました。

 「いい加減な厳密主義」

 なるほど、評論家はさすがにうまく言いますね。赤瀬川文体の魅力の一端が見事につかめていると思います。そしてこの表現は、別役文体の魅力説明にも確かにかすっている感じがします。
 この説明に私があえて付け加えるならば、別役文体は、言葉を重ねることで無意味への嗜好がより強く感じられるように思います。
 この無意味=ナンセンスへの嗜好(=志向)は、もちろん別役氏の「本職」、不条理演劇と強くかかわるものだと思えます。(赤瀬川氏も「本職」はアンデパンダンの美術家でありますが。)

 無意味が無意味を生んで、はらはらしながらいつの間にかカラフルでシュールな仮想空間に迷い込んでしまう、そんな別役エッセイの文体。
 今回わたくしはそれを少し懐かしく読みましたが、同時に感じたのは、この万華鏡のような魅力をいつまでも感じ続けるには、読み手の側にこそいくつになっても不条理であったりアンデパンダンであったりする精神のアバンギャルド性が必要なのではないかという事でした。

 小説家の石川淳は、これを「精神の活動」と呼びましたね。
 これは大いに、自戒であります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)