シューマンって、どうなんですか。

 秋はブラームス、と何となく思い続けておりました。いえ、別に、基本的には今でも思っているんですが。
 そう言えば、もっと極端になって、「午前中はシューベルト、午後はブラームス」なんて思っていた時もありました。
 ようするに、なんだ、考えるのがじゃまくさいからではありませんか。

 というわけで、ちょっとは考えてみよーと思いまして、シューマンの交響曲を聴いてみました。
 これがまた、うーん、何というか、目鼻立ちのはっきりしない、どこがいいのかよくわからない交響曲なんですねー。

 そこで、クラシック音楽については、僕の「お師匠様」である友人にメールで尋ねてみました。
 「シューマンの曲って、どこがいいんですか。」

 その返事が来ました。こんな内容でした。

 ---------------------

 シューマン。パッとしないね。
 仮に、4曲以上交響曲を書いている作曲家を対象として、評価するとしたら、

  A   ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームス
  B   ハイドン、チャイコフスキー、シューベルト
  C   ブルックナ-、マーラー、ショスタコーヴッチ、シューマン
  D   メンデルスゾーン、ヴォーン・ウィリアムス、グラズノフ

 こんなもんだろうか。
 あなたの好きなブルックナーの評価が低い! とお怒りかも知れないが、この人、こんなもんだよ。「B」の三人に比べると、落ちるでしょう。もしかしたら、マーラーの方が上ではないかとも思う。曲の好き嫌いは、もちろん別として。
 シューマンは、Cとした。でも、シューマンも悪くはない。4曲ともに、たまに聴くとわりといい。
 メンデルスゾーンに比べれば、ましと思う。というよりも、けっこう好きかな。シューマンの音楽には、ドイツ的なものを感じる。「ドイツ的ロマン性」がある。簡単にいうと、これはドイツの音楽以外の何物でもない、と感じるのですね。メンデルスゾーンには、あまり感じないね。

 シューマンの演奏としては、
  ①フルトヴェングラー
  ②ヴァント
  ③クーベリック
あたりが、いい。特に、ヴァントのはよかった。あなたが聴いているというバーンスタインもよかったよ。
 こんな風に書くと、シューマンを聴きたくなりましたね。

 ----------------------

 という内容でした。
 シューマン、ねぇ。
 しかし、ブルックナーの評価の低いのが実に怪しからんと、やはり僕は思いました。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)